砂川啓介さん死去、認知症わずらう妻・大山のぶ代さんの今後とは…

スポンサードリンク

砂川啓介さん死去 妻・大山のぶ代さん残し…

俳優の砂川啓介さんが7月11日に亡くなっていたことが18日、わかりました。

砂川さんはドラえもんの声優としてしられる大山のぶ代さんの夫。老老介護をして認知症をわずらう大山さんに寄り添ってきました。

砂川啓介 大山のぶ代

尿管がんのため80歳で亡くなった砂川啓介さん。

2016年尿管がんと診断された砂川さん。闘病生活のため大山さんを施設に入所させる決意をしました。

5月15日肺にたまった水を抜くために入院し6月9日に退院しましたが、4日後の13日に血圧が低下し緊急入院していました。

 

大山のぶ代さん憔悴 砂川啓介さんの葬儀参列せず

棺の中で眠る砂川啓介さんの前で「お父さん」と涙をこぼした妻・大山のぶ代さん。

その後すぐに葬儀所を出て行ってしまい、葬儀、告別式ともに参加しなかったといいます。

砂川啓介 大山のぶ代

マネージャーに付き添われ砂川さんのもとへ。

永遠の別れがつらかったのか、マネジャーは「すぐに部屋から出ていこうとして、“帰るの?”と聞いたら“帰る”と。最後は短い時間でした」と明かした。喪主を務めたが、通夜、葬儀の両日とも出席しなかった。

引用元:大山のぶ代 涙で「お父さん…」砂川さんとつらい別れ すぐに部屋退出

かつて「君より先には死ねない」と語っていた砂川さんでしたが、病魔には勝てず無念の旅立ちとなりました。

 

大山のぶ代さんの今後に心配の声

砂川啓介さんと大山のぶ代さんには現在子どもがいません。

1972年に長女が誕生しましたが、生後3ヶ月で他界。

また、砂川さんは生前大山さんに身寄りがないことを明かしています。

認知症をわずらっている大山さん。今後を心配する声が相次いでいます。

砂川啓介 大山のぶ代

砂川さん亡き後、大山さんのこれからとは…?

税理士・公認会計士で相続にも詳しい金井義家氏がこう言う。

「砂川さんの場合はがんを患っていたのでこのような事態を想定し、生前に後見人の弁護士さんをお願いしていると思われますし、十分な資産をお持ちですから、ホームの支払いなどは後見人が代理してくれると思います。

引用元:砂川啓介さん死去 “娘になった妻”大山のぶ代さんの今後は

砂川さんが後見人を立てている可能性がありますが、どこまで大山さんのサポートができるのでしょうか。

 

死去した砂川啓介さん 初代「たいそうのおにいさん」だった

今でこそ俳優のイメージが強い砂川啓介さんですが、実は「たいそうのおにいさん」だったことはご存知でしょうか。

砂川さんは1961年から1969年、NHK番組「おかあさんといっしょ」で初代「たいそうのおにいさん」を務めていたのです。

砂川啓介 大山のぶ代

共演が縁となり1964年に大山さんと結婚。

大山のぶ代さんと出会ったのも「たいそうのお兄さん」時代。

番組やミュージカルで共演したことをきっかけに結ばれました。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ