「同性婚」一ノ瀬文香・杉森茜の破局原因は暴露本!?その内容は?

スポンサードリンク

一ノ瀬文香さんと杉森 茜さんが破局

女性同士の「同性婚」で話題となったタレントの一ノ瀬文香さんとダンサーの杉森茜さんが破局していたことがわかりました。

一ノ瀬文香 杉森茜

そろってウエディングドレスでの挙式となった。

2014年に結婚を発表した一ノ瀬さんと杉森さん。

2015年には婚姻届も記入しましたが、不受理となっていました。そのため事実婚という形になります。

2人は2016年にはすでに別居状態にあったとされています。

 

一ノ瀬文香さんと杉森 茜さんの破局原因は暴露本?

破局の原因について一ノ瀬文香さんは、「結婚したことによる安心感で甘えが出た」と語っています。

また杉森茜さんは、「一緒に生活をする上で自分たちの間に大きなヒビが入ってしまった」とブログで吐露。

一ノ瀬文香 杉森茜

前々から衝突があったことをにおわせた2人。

2人はこう語っていますが、破局原因をもう少し掘り下げてみると、暴露本なるものが背景にあることがわかってきました。

 

破局原因となった暴露本 一ノ瀬さんの半生

暴露本の著者は一ノ瀬文香さん。タイトルは「ビアン婚~私が女性と、結婚式を挙げるまで」

一ノ瀬さんの幼少期の経験や、レズビアンの恋愛、パートナーであった杉森茜さんとのエピソードなどがつづられています。

一ノ瀬文香 杉森茜

一ノ瀬さんの半生がつづられた自叙伝。

本は2016年に出版されたので、結婚発表や挙式の後のことです。

杉森は本の内容については同意していたが、原稿確認が入稿の前日だったことに立腹し、一方的に別れを切り出したという。

引用元:同性“離婚”一ノ瀬文香、理由は「結婚で甘え」…杉森茜との「復縁絶対ない」

この本が破局のきっかけとなってしまったそうですが、杉森さんが明かされたくないことが含まれていたのでしょうか。

 

女性同士の夫婦 東小雪さん・増原裕子さん

国内の有名な同性カップルといえば、元タカラジェンヌの東小雪さんとLGBTコンサルタントの増原裕子さんもそうですね。

一ノ瀬文香 杉森茜

日本初の同性のパートナーシップを認める証明書を受理。

彼女たちは渋谷区の条例に基づき発行される「パートナシップ証明書」を最初に受理した同性カップルです。

また、国内のディズニーリゾートで挙式した最初の同性カップルでもあり注目を浴びました。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ