華原朋美の経歴,薬物依存時代|精神安定剤or禁止薬物?真相はいかに

スポンサードリンク

華原朋美の経歴,薬物依存時代|精神安定剤or禁止薬物?真相はいかに

2012年に芸能活動を再開した華原朋美さん。

華原朋美薬物精神

華原朋美の経歴や薬物依存の時代にせまる

芸能活動中止中は精神安定剤に依存していたというのは本人も語るところですが、

本当はどうなんでしょうか?華原朋美さんが依存していたのは精神安定剤ではなくて禁止薬物では?との情報も上がっているので、今一度ここで整理しておきましょう。

また、華原朋美さんの意外な出生にも迫りました。

 

華原朋美は薬物依存?意外な出生と激動の日々

華原朋美さんは意外なことに(?)名家なんです。

父・下河原金道
年商30億を誇る、株式会社京江シャーリングの会長職
現在はフィリピンで不動産業を経営

母・下河原朋子「お食事何処 朋」経営
元々は鉄鋼関連の下請けをやっていた、千葉県では有名な金持ち一家だった。

長男(兄)・下河原
忠道株式会社シルバーウッド取締役

次男(兄)・下河原英道
株式会社京江シャーリング代表取締役

三男(弟)・下河原征道
株式会社朋コーポレーション代表取締役

引用元:華原朋美と父とフィリピンと

凄いですね。ものすごいお金持ちの令嬢として育てられたということでしょう。

桃の天然水時代の華原朋美、この頃が頂点でしたね

桃の天然水時代の華原朋美、この頃が頂点でしたね

そしてデビュー当時もともとはグラビアアイドルとして活動。当時の芸名は「三浦彩香(みうらあやか)」「遠峯ありさ(とおみねありさ)」だったそうです。

華原朋美のデビュー当時

華原朋美のデビュー当時

当時はあまり売れないグラビアアイドルだったそうですが、「天使のUBUG」という番組に出演しているのを小室哲哉が視聴しており、華原朋美に一目ぼれ。小室哲哉が経営していたバーに華原朋美が呼び出され、すぐに交際に発展します。

華原は女優志望だったが、出会って間もない頃に何気なく歌声を聴いた小室は涙を流して感動し「涙腺を刺激する歌声」と称し、歌手デビューが決定

デビュー直前に2人の関係をすっぱ抜いた週刊誌の記者に対し、小室は「アーティストに手をつけたのではない。恋人に曲を書いてデビューさせただけだ。」と語っている。

引用元:Wikipedia「華原朋美」

 

小室哲哉プロデュースの元、華原朋美はバカ売れします。「I’m proud」「I BELIEVE」などでつぎつぎとミリオンセラーを達成。

当時女性アーティストのファンとして、安室奈美恵のファン「アムラー」と華原朋美のファン「カハラー」が双璧をなすくらいだったとか。しかしカハラーって安直すぎますね。(笑)

アムラーと双璧をなす華原朋美ファン、「カハラー」

アムラーと双璧をなす華原朋美ファン、「カハラー」

当時の紅白歌合戦やその他歌番組やライブでも、ことあるたびに小室哲哉が後ろでピアノ伴奏を弾いていたりと、関係性は良好だったのですが。

華原朋美が2012年復帰後も数回、小室哲哉が伴奏するということがあったが、交際していたころのやつだったんですね

華原朋美が2012年復帰後も数回、小室哲哉が伴奏するということがあったが、交際していたころのやつだったんですね

1999年に小室哲哉と破局します。

ここが運命の分かれ道だったのしょうか。2000年に「100%の自分を取り戻す」として芸能活動を休止、カナダに留学。留学後も様々な番組に露出していたのですが、2007年に所属事務所との契約を解除されます。

仕事も少なくなり、2009年には急性薬物中毒で倒れて病院に緊急搬送。

報道によると「精神安定剤」の過剰摂取だったそうです。

入院前の華原朋美。あれ、目が、、ラリってる?

入院前の華原朋美。あれ、目が、、ラリってる?

2010年にも新宿歌舞伎町で意識を失い、救急車にて緊急搬送

 

2012年に芸能界復帰するまでは父が永住しているフィリピンで療養をとっていたとか。

スポンサードリンク

 

華原朋美の薬物が「禁止薬物」だったという情報について

正規の報道では「精神安定剤」の過剰摂取、となっていますが、ここがなんとも言えません。

週刊誌レベルではありますが以下のような報道が上がっています。

そのバーはセレブが夜ごと集まり、ダンスしたりナンパしたりして楽しんでいた。
常連客も多く、モデルや芸能人も数多く通っており、20坪ほどの店内は、
常に人で溢れていたそうだ。

(中略)

華原朋美が全裸で店内をうろついていたのだ。
当時まだまだ人気があった華原が下着も付けずに徘徊なんて、
世間の人は誰もが想像もしていなかった事でしょう。
そして常連客は、その時の彼女が薬を使用していたと語っており、
完全にラリっていたと暴露した。

「目がトロンとし、口もだらしなくゆるんだ状態で、歩きまわっていた」と話していて、
異様な光景だったとも話している。

あの頃の華原は小室との破局により、精神状態もおかしく、病気になっており
普段から睡眠薬をお菓子の様に食べていたそうで、テレビの収録もブッチして、
夜な夜な外出しては、このような醜態を晒していたのでしょう。

さらに大麻やコカインなどの服用もあったのでしょう。

引用元:華原朋美、小室と破局時は廃人状態?薬?病気?不倫や復縁の可能性?

 

しかも、2010年に倒れて緊急搬送された場所が「新宿歌舞伎町」です

華原朋美、禁止薬物

精神的に疲れてしまっている人が行く場所ではないですね。

私はこの薬物依存は、禁止薬物への依存だと思うのですが、だいぶうまいことごまかしているのでしょうか。

禁止薬物でラリってたといううわさも多い華原朋美、その真相は?

禁止薬物でラリってたといううわさも多い華原朋美、その真相は?

今日はこの辺で失礼します。

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ