YOSHIKIが頸椎の手術へ…首の手術痕、ドラマーの過酷さとは

スポンサードリンク

YOSHIKIさん頸椎の緊急手術

ロックバンドX JAPANのリーダーYOSHIKIさんが、頸椎の手術を受けることを明かしました。

手術日は5月16日。国内ではなくロサンゼルスの病院でのオペです。

YOSHIKI 手術

人工椎間板置換手術を受けることを発表。

YOSHIKIさんは椎間板ヘルニアをわずらっていましたが、それが半年前から悪化。

演奏活動への影響を危惧し、手術を決意したようです。

 

頸椎に大ダメージのYOSHIKIさん ヘドバン原因か

YOSHIKIさんの頸椎はかなり損傷しており、国内のお医者さんによると「引退を余儀なくされたラグビー選手のような状態」だそうです。

ロックバンドという性質上、ライブでは激しく体を動かすことの多いYOSHIKIさん。

特にヘドバン(ヘッドバンギング)が頸椎のダメージの原因と考えられます。

実際に、YOSHIKIさんは演奏終了後に、倒れこむような姿を見せることもある。「ヘドバン」はやはり危険なのだろうか

引用元:YOSHIKIさん首の緊急手術へ 医師に聞く「ヘドバン」しすぎの危険性

YOSHIKI 手術

身体を酷使するドラムプレーが負担に。

YOSHIKI 手術

もともとあまり丈夫にできていない頸椎。

頸椎には椎間板という軟骨があり、クッションのような役割を果たしています。

椎間板のクッション機能は普通の人でも年齢とともに劣化してきます。

そこでヘドバンをしてしまうと余計に危ないわけです。

YOSHIKIさんはヘドバンをしょっちゅうしていますが衝撃がうまく吸収されず、結果頸椎にダメージが蓄積してしまったのでしょう。

 

TOKIO国分太一さん語るドラマーの過酷さ

ヘドバンで首を悪くしたのではないかといわれているYOSHIKIさんですが、実はドラマー自体結構過酷な仕事だったのです。

ライブ後脱水症状で搬送された経験のあるTOKIOの国分太一さんは、ドラマーがいかに身体に負担をかけているかを語りました。

YOSHIKI 手術

TOKIOでドラムを担当する国分太一さん。

この激しいドラムプレーの代償となる手術に、コメンテーターの堀尾正明キャスター(62)から「太一さん、これはミュージシャンじゃないと我々分からないんですけど、どうですか?」と意見を求められた国分は、ドラマーの過酷さについて「全速力で12分間走っているようなものだと思うんですよ。全身運動で、ドラムというのは全力で叩くと汗で脱水症状になることも多かったりするんですよね」と語った。

引用元:TOKIO国分「松岡も脱水症状で病院に…」 ドラマーの過酷さ明かす

国分さんのいう12分間という数字ですが、これはYOSHIKIさんが1分間で800ビートの演奏を12分間続けることがあるというエピソードからです。

 

以前も手術を受けたYOSHIKIさん 首に手術痕

YOSHIKIさんは2009年に椎間板ヘルニアの手術を受けています。

首の後ろには痛々しい手術痕があります。

YOSHIKI 手術

首の後ろには5cm前後の手術痕が。

写真自体は2009年のものなので、今はもう少し腫れが引いていると思います。

今度の手術でまた同じ部分を切開したのでしょうか。

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ