ウルトラの母演じたペギー葉山さん死去 息子は自閉症で陶芸家?

スポンサードリンク

ペギー葉山さん死去 「ドレミの歌」など

歌手のペギー葉山さんが4月12日、肺炎で亡くなりました。

ペギーさんは今月10日、体調を崩し、東京都内の病院に入院。その後、肺炎を起こして12日午前に死去した。

引用元:さらばウルトラの母…歌手のペギー葉山さんが死去 デビュー65周年で精力的に活動していた矢先…

ペギー葉山 息子

5月に大阪でのコンサートが予定されていた。

ペギー葉山さんは「ドレミの歌」を日本語訳した張本人。この曲はもともと映画「サウンド・オブ・ミュージック」の挿入歌でした。

自身の曲ではデビュー曲の「南国土佐を後にして」をはじめ「学生時代」などで人気を博しました。

 

私生活では自閉症を抱える息子さんの育児や亡き夫根上淳さんの介護など、苦労が多かったようです。

 

ペギー葉山さん ウルトラの母としても有名

歌手として知られるペギー葉山さんですが「ウルトラマンタロウ」ではウルトラの母、その地上での姿である緑のおばさんを演じてきたことでも有名です。

中高年の方にはウルトラの母のイメージが強いとされています。

ペギー葉山 息子

ウルトラの母こと緑のおばさんを演じた。

ペギー葉山さんは故根上淳さんを夫に持ちます。

根上さんは俳優でしたが、「帰ってきたウルトラマン」に出演していたことがあります。

夫婦そろってウルトラマンシリーズに馴染みがあったんですね。

 

ペギー葉山さんの息子 自閉症だった?

ペギー葉山さんと根上淳さんには息子さんがおられます。

その息子さんが自閉症であることがネット上で話題に。

息子さんが幼いうちは根上さんとともに育児に奮闘しました。

ペギー葉山 息子

息子が重度の自閉症であることを告白。

息子さんは大人になってからは日常生活に支障をきたさなくなり、現在は陶芸家として活躍しています。

 

デビュー65周年のペギー葉山さん 亡くなる寸前まで表舞台に

1952年にデビューしたペギー葉山さんは、2017年でデビュー65周年。

その節目を迎え、エネルギッシュに活躍していました。

ペギー葉山 息子

シャンソンの女王・越路吹雪さんの37回忌イベントに出演。

3月30日には東京都内の日生劇場で開催された、越路吹雪さん37回忌イベント「越路吹雪に捧ぐ」に出演したペギー葉山さん。

この日の感動をブログにもつづっていました。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ