読売テレビ退社の清水健アナ、激やせで話題に!妻は乳がんで他界

スポンサードリンク

読売テレビ清水 健アナ 1月退社へ

「かんさい情報ネットten.」のメインキャスターとして知られている読売テレビの清水健アナウンサーが、1月27日をもって読売テレビを退社することが明らかになりました。

清水健 激やせ

フリーになる意志はないという。

清水アナは2015年に妻を亡くしています。

読売テレビ退社後はがん撲滅運動や難病対策事業の支援に専念する予定です。

 

清水 健アナ激やせ?妻は2015年他界

清水健アナの妻は2015年2月に乳がんで死去。

妻が亡くなる直前から、看病を理由に「かんさい情報ネットten.」の出演を見合わせていました。

清水健 激やせ

長男との時間を大切にしつつ支援活動に専念。

妻の死後は喪主を務め上げ、亡くなってから8日後には「ten.」に復帰しました。

それほどのエネルギーがあった清水アナですが、最近ファンからは激やせを心配する声が上がっています。

結婚から1年9ヶ月で妻がこの世を去ってしまったというダメージが原因なのでしょうか。

 

清水 健アナの激やせを画像で検証

もともとやせ型の清水健アナ。

以前の写真がこちら。

清水健 激やせ

男手1つで長男を育てる清水アナ。

 

そして激やせが心配されている現在の清水アナ。

清水健 激やせ

妻の死後清水アナに異変が。

頬の肉が少し落ちている印象があります。

 

清水 健アナ 激やせの原因は多忙?

現在、週末に講演会を行っている清水健アナ。

妻の死後、妻との出会いから乳がん闘病生活を記した著書「112日間のママ」を出版。

清水健 激やせ

妻・奈緒さんの闘病生活をつづった「112日間のママ」。

この本の反響は大きく、医療施設などから講演会の依頼がくるようになりました。

今年2月には亡き妻への思いをつづった著書「112日間のママ」(小学館)を発表。わずか1カ月で10万部を突破するなど反響はすさまじく、直後から医療施設や市町村からの講演依頼が殺到した。「こんな僕でも役に立てることがあれば何でもやりたい」と取材で答えたこともあり、今ではほぼ毎週末を講演にあて、休日のない状態が続いている。

友人によると、最近では以前より20キロ近く体重も落ち、体も悲鳴を上げているようだ。

引用元:清水健アナ、読売テレビ退社へ 妻が早世「子供との時間大切に」

幼い長男を抱え、アナウンサー業に加えて講演会にも尽力してきた清水アナ。体力的にはかなり厳しい状況です。

清水健 激やせ

支援活動から政界進出の噂も。

清水アナはがんや難病撲滅運動のために「清水健基金」を設立しています。

今後は基金を通じてそうした運動に専念する方針です。

 

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ