石原さとみ「校閲ガール」のメイクは濃すぎ?可愛い?やり方に迫る

スポンサードリンク

「校閲ガール」石原さとみさんのメイクに賛否両論?

12月7日最終回が放送された石原さとみさん主演の「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」。

主人公、河野悦子を演じた石原さんのメイク、視聴者から賛否両論。

「かわいい」というファンが多い中、「濃すぎる」「ケバい」という声も出ています。

石原さとみ 校閲ガール

編集者になるはずが校閲部に!?

主人公の河野悦子はもともとファッション誌の編集者志望だったためか、服装やヘアスタイルが少し派手です。

それにあわせてメイクも濃いめの傾向があります。

 

石原さとみさんの「校閲ガール」メイク アイラインはしっかり!

まずアイラインは目頭から目尻までしっかり濃く引きます。

下まぶたも目頭部分からアイラインを入れましょう。

さらに目尻は上にはねる形にします。濃い色のアイシャドウをのせるのもいいですね。

石原さとみ 校閲ガール

目頭も目尻もしっかりと。

目尻以外の部分には明るいブラウンのアイシャドウをのせましょう。

 

石原さとみの眉に注目 丸みを帯びる形で

眉はキリッとした感じではなく、ゆるやかなアーチになるように描くと石原さとみさん風になれます。

石原さとみ 校閲ガール

眉は角度を付けず丸く。

眉も濃く引いてください。暗めのブラウンがおすすめです。

 

「校閲ガール」の口紅は濃い色

石原さとみさんの「校閲ガール」メイクで一番目を引くのが、濃い色の口紅ではないでしょうか。

会社以外の場面ではカジュアルなオレンジ系の口紅ですが、お仕事中の場面では目立つパープル系です。

石原さとみ 校閲ガール

口紅以外は色味を抑える。

濃い口紅はインパクトがあるので、他の部分に色味を入れない方がベター。

チークもかなり薄めにするか、いっそのこと付けない方がケバい印象を避けられます。

 

石原さとみさん 役に合ったメイクを研究

なんと石原さとみさん、自分の役にマッチするメイクを日々研究しているのです。

石原さんの誠実さをよく知るスポーツ紙の芸能担当記者が言うには、演じる人物はどのような雰囲気の人間かを考えながらメイクを決めるのだとか。

「自身の役に合ったメークについて毎夜、研究をしているそうです。メーク道具を広げて『この役はどういう子かな?』と思いながらリップやシャドウ、チークから眉毛の色まで考えているとか。その上、ドラマや映画、舞台のメークは自分でするように心がけているそうです。そんな努力家かつ、気さくな性格で周りにも気配りもできる。過去には数々の男性と噂になりましたが、モテて当然です。にもかかわらず、路上で焼き鳥を食べたりと女子力をアピールし過ぎないところは、女性から見ても好感が持てると思います」(前出の記者)

引用元:石原さとみ 水をこぼしたADに…顔だけじゃない“意外な魅力”〈dot.〉

石原さとみ 校閲ガール

河野悦子のメイクも日夜研究?

「校閲ガール」の河野悦子のメイクも石原さんの研究のたまものなのでしょうか。

 

「校閲ガール」の石原さとみさん スカーフも個性的

「校閲ガール」でメイク以外に視聴者の目を引いたのがスカーフ。

作中の石原さとみさん、実にさまざまな巻き方をしていますね。

石原さとみ 校閲ガール

細いスカーフを二重巻き。

石原さとみ 校閲ガール

えんじ色のスカーフでカウボーイ風に。

石原さとみ 校閲ガール

ねじってすっきりした印象に。

石原さとみ 校閲ガール

ヘアゴムの上に巻いてアクセントに。

石原さとみ 校閲ガール

ハーフアップでお嬢様風に。

首だけでなく髪に巻くパターンも。マネしている女性視聴者は多いのではないでしょうか。

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ