宮崎駿がドワンゴ川上量生会長に激怒!川上会長が反省文を公開

スポンサードリンク

宮崎 駿さんドワンゴ川上会長に激怒

ジブリの宮崎駿さんが、CGアニメをめぐってドワンゴの川上量正会長に激怒するという事件が起きました。

11月13日に放送された「NHKスペシャル『終わらない人 宮崎駿』」。そこで川上会長が激怒される一幕が。

宮崎駿 ドワンゴ川上

CGアニメ「毛虫のボロ」製作へ。

宮崎駿 ドワンゴ川上

ドワンゴ川上会長タジタジ!?

CGを用いた短編映画を製作中の宮崎さんのもとへ、川上会長が自社のCG技術を説明するという場面で起きたこの事件。

宮崎さんは川上さんの紹介したCG映像を「生命に対する侮辱」と一蹴しました。

 

宮崎 駿さん激怒 ドワンゴ川上会長の映像とは

宮崎駿さんを激怒させてしまったという問題の映像は、ゾンビのような人体がグロテスクな動きをするというもの。

これは人工知能を用いて作られた映像だということです。

ドワンゴは「人工知能研究所 DWANGO ARTIFICIAL INTELLIGENCE LABORATORY」を2014年に設立している。そのCGは、人工知能で「速く移動する」ことを学習させたとしており、人体が頭を足のように使って移動するなど、グロテスクな動きを見せていた。

引用元:宮崎駿監督、ドワンゴ川上量生会長を一喝「生命に対する侮辱」

宮崎駿 ドワンゴ川上

身体障害持つ友人思い出し…

ドワンゴ川上会長はCGアニメに人工知能を用いることで「人間が作りだせないような動きも可能になる。気持ち悪い動きがゾンビゲームへの応用も期待できる」と説明。

しかし宮崎さんはゾンビのようなものが動く映像を見て「障害を持つ友人を思い出し、面白いと思って見る事ができない」と苦言を呈しました。

 

「生命に対する侮辱」 ドワンゴ川上会長宮崎 駿さんと折り合わず

持ち込んだCGアニメのゾンビが頭を使って移動する映像に関して「痛覚がなく頭が大事という概念がないので、頭を足のように使う」と説明。

「友人の事を思い出した」という宮崎駿さんは「痛みというものを考えずにやっている。そういうものを自分たちの仕事につなげたくない。生命に対する侮辱を感じる」と拒否感を示しました。

宮崎駿 ドワンゴ川上

「極めて不愉快」と苦言。

一方でドワンゴ川上会長も「あくまでこの映像は実験。世の中に出してどうこうというわけではない」と弁解しますが、2人はうまく折り合う事ができませんでした。

 

宮崎 駿さん激怒事件 ドワンゴ川上会長が反省文を公開

今回の騒動で、なんと激怒されたドワンゴ川上会長がネット上で反省文を公開するという事態にまでなってしまいました。

あの一件でネットで炎上し、知人から励ましの言葉までもらっている事もあり、ネットに反省文を公開しました。

宮崎駿さんの名前こそ伏せられていましたが、「宮崎さんを不快にさせる事を宮崎さんのテリトリーでやってしまった」とCGプレゼンを反省する内容がつづられていました。

宮崎駿 ドワンゴ川上

オンエアで自分の体型にショック?

その一方で川上会長は自分の体型についても反省。糖質制限をやっては折れ、またやっては折れ…といったダイエットに関する反省まで公開しました。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ