懲戒処分の大渕愛子弁護士、非行は以前から?「被害者の会」も

スポンサードリンク

大渕愛子弁護士が懲戒処分

日本テレビ系番組「行列のできる法律相談所」で有名な大渕愛子弁護士。

テレビでもおなじみの大渕弁護士が8月2日、東京弁護士会から業務停止1ヶ月の懲戒処分を受けました。

大渕愛子 懲戒処分

ふなっしーファンとしても有名。

大渕弁護士は2010年10月、依頼人の女性から着手金などを不当に受け取ったとされています。

 

大渕愛子弁護士 およそ17万円不当受領

大渕愛子弁護士は2010年、法テラスを介して女性の養育費請求の相談を受けました。

法テラスには代理援助制度という、経済的に顧問料などの工面が困難な依頼人に対してそういった費用を立て替える制度があります。

依頼人の女性はその制度を利用していました。

大渕愛子 懲戒処分

法テラスでは依頼人・弁護士間の直接的な金銭のやり取りはNG。

大渕弁護士は法テラスから受け取った報酬に加え、依頼人女性から着手金の不足分や顧問料として17万8500円を受け取っていました。

 

大渕愛子弁護士の行為に「品位欠いた非行」

大渕愛子弁護士に弁護を依頼した女性は2011年6月、17万円の返金を求めました。

しかし大渕弁護士はこれを拒否。

大渕愛子 懲戒処分

返金要請に応じず…

同年10月、大渕弁護士は東京弁護士会の役員の説得により返金に応じました。

大渕弁護士のこうした行為に対し、東京弁護士会は「弁護士の品位を欠いた非行」とし、今回の懲戒処分に至りました。

 

橋下 徹弁護士「大渕弁護士への処分は不当」

大渕愛子弁護士の懲戒処分について、橋本徹弁護士が猛反論。

東京弁護士会の述べる「品位を欠く非行」の意味があいまいである事などについて言及しました。

大渕愛子 懲戒処分

大渕弁護士の代理弁護士。

これに対し橋下氏は、「弁護士としての品位を失うべき非行」の基準があいまいであることや、「3年間の除斥期間が経過しており、懲戒手続きを開始できないのではないか」と法的手続き上の疑義を指摘。弁護士による過去の不祥事案件の処分例と比較し「戒告」が相当であるとした。

引用元:大渕愛子弁護士の懲戒処分は「不当」 橋下徹弁護士が見解

 

大渕愛子弁護士 以前から非行?

大渕愛子弁護士は今回の件以外にも金銭トラブルがあったとされています。

元依頼人らによる「被害者の会」まで結成されるほど。

大渕愛子 懲戒処分

例の依頼人も被害者の会メンバー?

<トラブル例>

・依頼人から着手金は受け取るものの、いつまでたっても裁判までたどり着かない。

・相談中大渕弁護士が雑談を始めてしまい、それに相談時間がとられ相談料が加算されていく。

・依頼者の相談内容を大渕弁護士がテレビで暴露。守秘義務違反では。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ