認知症疑惑!鳥越俊太郎氏のトンデモエピソード集

スポンサードリンク

都知事選 小池百合子氏が当選 鳥越俊太郎氏は3位

7月31日に行われた東京都知事選挙。

小池百合子氏が当選、女性初の都知事が誕生しました。

鳥越俊太郎 認知症

アニメを愛する小池新都知事。

得票数の順位は1位が小池氏、2位が増田寛也氏、3位が鳥越俊太郎氏でした。

今回は何かと話題を呼ぶ鳥越俊太郎氏のエピソードをいくつか紹介します。

 

鳥越俊太郎氏「自分は終戦時20歳」

記憶に新しい発言だと思います。

鳥越俊太郎氏は自らについて「終戦時は20歳だった」とカメラの前で述べたことがあります。

鳥越俊太郎 認知症

終戦時はまだ5歳では?

終戦時(1945年)20歳だとすると、2016年の今91歳前後という計算になってしまいます。

実際鳥越氏は1940年生まれの76歳です。

この事から認知症疑惑まで浮上しました。

 

サンデー時代の鳥越俊太郎氏 宇野内閣追い込んだ!?

ジャーナリストというキャリアを持つ鳥越俊太郎氏は、1988年に週刊誌「サンデー毎日」の編集長に就任しました。

翌年、宇野内閣が発足。そのわずか3日後にサンデー毎日には宇野宗佑元首相の女性スキャンダルに関する記事が掲載されました。

鳥越俊太郎 認知症

宇野宗佑元首相

記事は、宇野氏が女性に対して「もし自分の愛人になってくれたら、これだけ出す」と、相手の女性の指3本をにぎった、という内容で、月額30万円で事実上の愛人契約を結んでいたというものだ。

引用元:「『三つ指愛人』特ダネ」の鳥越氏へ 壮大なブーメラン?

鳥越俊太郎 認知症

自称「ニュースの職人」。

この影響で、宇野内閣は発足から2ヶ月で終了に追い込まれるという結果となりました。

その後、米ワシントン・ポスト紙も報じたため、国会質問でも取り上げられるなど、またたく間に騒ぎは広がった。これが影響して7月の参院選で自民党は惨敗し、宇野内閣は退陣に追い込まれた。

引用元:「『三つ指愛人』特ダネ」の鳥越氏へ 壮大なブーメラン?

わずか69日間で終了した宇野内閣。その短命っぷりは史上5番目。

 

女性問題、鳥越俊太郎氏にも…女性の対面に関しシドロモドロ

女性問題の騒動は鳥越俊太郎氏にも振りかかってきました。

女子大生と関係を持ったとの報道がなされ、鳥越氏は週刊文春と週刊新潮を刑事告訴しました。

週刊文春と週刊新潮に「女子大生淫行疑惑」を報じられ、名誉毀損(きそん)の疑いなどで刑事告訴するなど“場外戦”への対応に四苦八苦しているのだ。28日にはテレビ番組で「事実無根」と疑惑を否定したが、女性側との接触を認めて、シドロモドロになる場面もあった。

引用元:鳥越氏“場外戦”で四苦八苦 「淫行疑惑」報道女性側との接触は認める

鳥越俊太郎 認知症

女性の夫も付き添いで対面した!?

被害を受けたという女性らと対面したと述べた鳥越氏。

しかしどんな話をしたのかと問われると言葉をにごす場面がありました。

 

鳥越俊太郎氏「都道府県の数は55」

2005年放送された「全国一斉常識テスト」。

クイズに参加した鳥越俊太郎氏は都道府県の数を問う問題に「55」と回答!

鳥越俊太郎 認知症

都道府県の数を勘違い!

のちに「49はあると思って、もう少し足したら55という数字になった」と弁明しました。

これは認知症というより大きな勘違いといったところでしょうか。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ