KABA.ちゃん、声まで女性に!?ボイスチェンジ手術とは

スポンサードリンク

KABA.ちゃん女性化 ついに声まで…

これまで顔に金の糸を植え込むなど整形を繰り返したタレントのKABA.ちゃん。

KABA.ちゃん 声

整形に費やしたのは200万円以上…

女性らしさを求め続け、今年3月にはついにタイで性別適合手術を受けました。

そして同時に声帯手術も受け、女性らしい高い声を出せるように。

実際その声でバラエティー番組に出演しており、共演者に「声が変」などとイジられる場面もみられます。

 

声が女性に!?KABA.ちゃんの受けたボイスチェンジ手術

KABA.ちゃんは今年3月30日、性別適合手術とともに声帯の手術を受けました。

声を変えるための「ボイスチェンジ手術」とは、声帯の筋肉を切除する手術が行われます。

KABA.ちゃん 声

術後声が戻ってしまう可能性も。

KABA.ちゃんのように男性が女性のような高音を出せるようになるほか、女性が男性のような低音を出せるようにする事も可能です。

術後2週間は声を出す事ができず、筆談やジェスチャーでコミュニケーションをとる形になります。

 

KABA.ちゃん これまで複数回の整形 顔に金の糸

KABA.ちゃんは性別適合手術やボイスチェンジ手術以前にも、美しさのために整形手術を繰り返しています。

長めのアゴを削ったり、、金運上昇のために耳を福耳にしたり、さらには顔から首にかけて金の糸を植え込む手術まで。

金の糸はアンチエイジング効果があるそうです。筋肉をリフトアップするということでしょうか?

KABA.ちゃん 声

番組内で術後の顔を披露。

金の糸を植え込むと、その後シミ取りなどのレーザー治療が受けられなくなるというデメリットがあります。

糸が入っている部分にレーザーを照射すると火傷してしまうリスクがあるみたいです。

 

戸籍も女性に… 「女性として死にたい」

タイで性別適合手術とボイスチェンジ手術を終えたKABA.ちゃん。

帰国し「ノンストップ!」(フジテレビ系)に出演したKABA.ちゃんは「戸籍上も女性になるために、帰国後は家庭裁判所に申し立てする」と発言していました。

KABA.ちゃん 声

「最後は女性として死にたい」というKABA.ちゃん。

申し立てが通れば、KABA.ちゃんは身体的にも戸籍上も女性という事になります。

果たして結果は…?

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ