創価学会員動揺?石原さとみが学会のタブーを破った!

スポンサードリンク

石原さとみさん 東京メトロのCMで創価学会のタブーを侵す?

東京メトロのCMに出演中の女優、石原さとみさん。

石原さんは家族が創価学会の熱心な学会員として有名。中でもお父さんは幹部クラスというかなり上の立場にいる事もしられています。

家庭がそうした環境である事から、石原さん自身も学会員であるといわれています。

石原さとみ 東京メトロ

小学校から高校まで創価学園。

そんな石原さんが、東京メトロのCMで創価学会のタブーを破っていると話題を呼んでいます。

 

石原さとみさん出演のCM 創価学会のタブーとは

東京メトロの駅周辺のお店などに出演女優が出向くCM。

これまで東京メトロのCMには堀北真希さんや武井咲さんなど大御所の女優さんが起用されてます。

石原さとみ 東京メトロ

数々の正統派女優が出演。

2016年4月からは、石原さとみさんが出演する事になりました。

 

注目を集めたのが、石原さんが深川めしを食べるシーン。

石原さとみ 東京メトロ

門前仲町はあさりの深川めしが有名。

このシーンは門前仲町の飲食店で撮影されたのですが、このお店、神社の鳥居をくぐらないと行けないお店だという事がわかっています。

創価学会のおきてには「鳥居をくぐってはいけない」「神社のお守りをもらってはいけない」というものがあります。

宗教上そうした決まり事があるため、学会員にとっては深川めしのシーンは衝撃的な場面なのでしょう。

 

石原さとみさんの創価学会タブー破り 学会員の反応

鳥居をくぐらないと入れないお店で撮影をした石原さとみさん。

彼女自身家族と同じく創価学会員であるなら、東京メトロのCMで学会のタブーを破った事になります。

石原さとみ 東京メトロ

学会のおきてを破った!?

実際創価学会の関係者にとっても、深川めしのお店にいるシーンは衝撃的だったそうです。

「このCMを初めて観た時、一瞬『え?』と驚いてしまいました。じつはこの店、門前仲町の有名な神社の境内にあるのです。学会員のなかには、その宗教上の意味合いからも『鳥居をくぐってはならない、神社でお守りをもらってはならない』と主張する方もいらっしゃいますので、熱心な学会員の方にとっては、石原さんがこうしたCMに出演すること自体がタブー破りと映るかもしれません。石原さんは果たして、どんな気持ちでこのロケを行ったのでしょうか。しかし、映像に浮かぶ表情はとても自然なもので、変な印象を残す部分はみじんも感じられません。本当にプロの女優さんなんでしょうね。すごいと思います」

引用元:創価高校出身の石原さとみ、某CMの「創価学会タブー破り」に学会員たちが動揺?

石原さとみ 東京メトロ

通勤中の会社員を癒すCM。

創価学会員の目からみると違和感を憶えるシーンではあるものの「石原さんは仕事でやっているから」「違和感すらなくす雰囲気を持っている」という肯定的なとらえ方が見て取れます。

 

石原さとみさん他にも創価のタブー破り?舞台で十字を切るシーン

石原さとみさんは2012年、舞台「ロミオとジュリエット」に出演。

ジュリエット役で出演した石原さんは十字架のネックレスを付けていたり、胸で十字を切ったりするシーンがありました。

石原さとみ 東京メトロ

ロミオ役は佐藤健さん。

この舞台は石原さんのご両親も鑑賞したようですが、とても好評だったとの事。

十字を切るなどの仕草に関しては「女優という仕事の性質上やむを得ない」「演技の一環だから」と特に干渉されないみたいですね。

また創価学会自体、近年規律に変化が出ており、「鳥居をくぐってはダメ」などの風潮も薄れてきているそうです。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ