星野源はくも膜下出血だった。病気だった3年前から紅白へ!彼女はaiko?

スポンサードリンク

星野 源さん プロフィール

1981年1月28日生まれ。

出身は埼玉県蕨市。

星野源 病気

音楽、演劇など幅広く活躍。

かつてジャズミュージシャンを目指していたご両親のもとに育ち、少年時代からマイケル・ジャクソンさんの曲を聞き彼に憧れを抱いていました。

ご両親は現在ジャズ喫茶を営んでいます。

星野源 病気

産婦人科医・四宮春樹役。

音楽面だけでなく俳優業にも励んており、最近ですとTBS系ドラマ「コウノドリ」に出演していました。

 

星野 源さん くも膜下出血との闘い

星野源さんは2012年12月にくも膜下出血に襲われ、活動を休止していました。

手術を受け2013年2月には1度仕事に復帰するも、同年6月の検査で術後の経過がよろしくないとの診断を受け、治療に専念する事に。

再び手術を受け、9月に復帰を果たしました。

星野源 病気

生死の境をさまよう事に!

くも膜下出血は星野さんのような若い人でも発症します。

出血のしかたには事故などでの外傷の他に2つのタイプがあり、脳の血管のコブ(脳動脈瘤)が破裂するパターンと血管の異常発生(脳動静脈奇形)が原因であるパターンがあります。

前者は40~50代に多く、後者は30代に多いそうです。

星野さんがどちらのタイプであったかは不明ですが、いずれも手術が必要な病気です。

スポンサードリンク

 

星野 源さん 病気を下ネタで乗り越えた!?

くも膜下出血とのつらい闘病中、星野源さんにある発想が。

それは日常のあらゆるシチュエーションを下ネタに転換するというもの。

それは、高度で深刻な手術内容を説明しながらも医学系下ネタを交えてくる医師だったり、美人看護師に座薬を入れてもらう時に“プレイ”だと妄想する星野自身だったり。

引用元:「窓から飛び降りたい」精神までむしばんだ、星野源の“壮絶”闘病生活

星野源 病気

エッセイでも下ネタ付きの闘病生活を暴露。

術後も激しい頭痛に苦しんだ星野さん。

精神までやられてしまうような闘病生活を支えたのは、意外にも下ネタでした。

 

2015年の紅白で「SUN」で復帰した星野 源さん

くも膜下出血を乗り越え、2015年の紅白歌合戦で「SUN」を披露した星野源さん。

今回の紅白は初出場でした!

星野源 病気

闘病からの返り咲き!

「SUN」はフジテレビ系ドラマ「心がポキッとね」の主題歌でもあります。

 

二階堂ふみさんと交際の星野 源さん 元彼女はaikoさん

2011年、星野源さんは同じく歌手のaikoさんと交際している事が報じられました。

星野さんの闘病にもaikoさんが寄り添っていたとか。

 

ファンの間でも「お似合いカップル」と評判でしたが、破局。

星野源 病気

若い人の方がよかった!?

星野さんは現在女優の二階堂ふみさんとの交際が報じられています。

星野源 病気

実体験を曲につづるというaikoさん。

ちなみにaikoさんの楽曲「透明ドロップ」について「星野さんとのお別れの時の事を歌っているのでは?」とファンの間でささやかれています。

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ