ビートたけしの伝説「フライデー襲撃事件」とは?今も昔も破天荒な武勇伝集

スポンサードリンク

ビートたけしさん フライデー襲撃事件

1986年12月9日、ビートたけしさんがたけし軍団を引き連れて講談社のフライデー編集部を襲撃した事件がありました。

原因はたけしさんが当時不倫していたとされる専門学校生の女性が、フライデー記者の取材でケガを負ってしまった事です。

たけし フライデー

当然芸能活動にも影響した大事件。

フライデーといえば、著名人のプライベートを執拗に追い回すなど過激な取材、記事内容で有名な週刊誌。

女性はフライデー記者からの取材でもみ合いになり、大ケガをしてしまいました。

1986年12月8日、東京都渋谷区の路上で、ビートたけし(以下「たけし」、当時39歳)と親密交際していた専門学校生の女性(当時21歳)に対し、『フライデー』の契約記者が、女性が通う学校の校門付近でたけしとの関係を聞こうと声をかけたが、それを女性が避けて立ち去ろうとしたため、記者が前方に立ちふさがってテープレコーダーを彼女の顔に突きつけ、手を掴んで引っ張るなどの行為に及び、頸部捻挫、腰部捻傷で全治2週間の怪我を負わせた。

引用元:フライデー襲撃事件 – Wikipedia

 

フライデー襲撃事件 「今から行ってやろうか」

フライデーの取材で女性がケガをした事にたけしさんは激怒。

フライデーを発行する講談社に電話をかけ「今から行ってやろうか」。

たけしさんはお弟子さんであるたけし軍団と共にフライデー編集部に押しかけました。

同行したたけし軍団はダンカンさんやガダルカナル・タカさんなど11名。なんと東国原英夫(そのまんま東)さんもその中にいました。

たけし フライデー

編集部員らを雨傘などで殴打。

たけしさんらは編集長、編集部員ともみ合い、編集部の人たちは全治1週間から1ヶ月のケガを負います。

そしてたけしさんらは住所侵入、器物損壊、暴行の容疑で現行犯逮捕!

たけしさんには懲役6か月・執行猶予2年の判決が下りましたが、たけし軍団は起訴猶予処分になりました。

スポンサードリンク

 

たけしさんとフライデー 草野球で和解?

たけしさんはフライデー襲撃事件に関し「1発殴ったら終わりにして、その後は編集部員らと飲みに行くつもりだった」と著書でつづっています。

本当でしょうか?

1988年、神宮草野球場で事件当時のフライデー編集部と草野球を開催。

フライデー編集部と正式に和解しました。

 

たけしさん 破天荒な武勇伝

何かと破天荒なエピソードが多いたけしさん。

その破天荒っぷりを見せつける武勇伝をちょこっと紹介します。

たけし フライデー

今も昔も破天荒!

●謹慎中に暴行

酔っ払いに絡まれたたけしさん。キレて相手をエレベーター内に引きずり込み殴打しました。

しかし3発殴ったところで自分が謹慎中であった事に気づき、動揺してその場から逃げ去りました。

 

●愛人に会いに行く途中で…

たけし フライデー

後に事故を自虐ネタに。

バイクで愛人のもとに向かっていたたけしさん。

その時はお酒が入っていました!

飲酒運転がたたったのか、ガードレールに激突ししばらく顔面麻痺に。

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ