元KARA知英(ジヨン)がノンノのモデル!”着物着たくない”反日の事実が判明?

スポンサードリンク

元KARA知英(ジヨン)がノンノのモデル!”着物着たくない”反日の事実が判明?

さて、韓流のアイドルグループKARAを脱退して長らく、知英(ジヨン)がファッション誌ノンノの専属モデルになった。

何度も来日し、最近ではドラマ「地獄先生ぬ~べ~」のゆきめ役も獲得。日本好きとして有名な知英(ジヨン)ですが、意外な反日の事実が明らかになったとの情報が入った。

KARA時代の知英(ジヨン)がこちら。若いしかわいい。

KARA時代の知英(ジヨン)がこちら。若いしかわいい。

 

元KARAの知英(ジヨン)、ノンノの専属モデルを獲得。最初の表紙は桐谷美玲と。

今月のノンノで桐谷美玲とコラボしたジヨン(知英)。ノリにのっているようだ

今月のノンノで桐谷美玲とコラボしたジヨン(知英)。ノリにのっているようだ

桐谷美玲と今月号の特集をコラボした知英(ジヨン)は、以下のような発言をしている。

「自分が出られるなんて夢みたいです」

「今日は先輩モデルの美玲さんと一緒ですっごく緊張しました。本当に美玲さんキレイでした…」

「私自身もオシャレが大好き。参考にしているのはハリウッドの人たちのファッション」

「日本で女優としても活動していきます。“初心忘るべからず”の精神で頑張りますので、よろしくお願いします!」

引用元:元KARA知英(ジヨン)、「non・no」レギュラーモデルに新加入

以上のように積極アピールを見せている知英(ジヨン)であるが、反日で知られる韓流グループの元メンバーが、日本で活動していく理由は何なのか?

 

最近明らかになった衝撃的、知英(ジヨン)反日の事実?これを知ったうえで発言を見たら歯が浮きそうw

さて、元KARAの知英(ジヨン)さんですが、意外に親日であることが知られている。

「まず、知英(ジヨン)さんの姉が日本に留学していた経験から、自身もKARAの中で最も日本語が堪能だった。」

「さらに、日本に頻繁に来ており、PVもわざわざ日本まで来て取りに来るほど。」

など親日と思わせるようなエピソードも結構あるようだ。

知英(ジヨン)は2014年には東京ガールズコレクションに登場している。

知英(ジヨン)は2014年には東京ガールズコレクションに登場している。

しかし、「地獄先生のぬ~べ~」のキャスティングでゆきめ役に選ばれ撮影を開始する際に、以下のような衝撃的な反日エピソードがあるといわれている。

おまけにゆきめに韓国人歌手使ったら「和服は着れません」で衣装変更 ってこれ実写ぬ~べ~早くもデビルマンを超えたな

引用元:元KARA知英(ジヨン)、実写「ぬ~べ~」ゆきめ役に抜擢も「和服は着れません。」 → 結果wwwwwww ※キャスト一覧画像あり

このジヨンの問題の反日発言は、10月13日にデマであったことが分かったが、

この衣装を見てほしい。韓国の民族衣装チマチョゴリ風にみえてこないだろうか。

知英(ジヨン)発言自体はデマだったものの、本来は和服だったとされている変更後の衣装はチマチョゴリ風では?

知英(ジヨン)発言自体はデマだったものの、本来は和服だったとされている変更後の衣装はチマチョゴリ風では?

さらに、知英(ジヨン)の今までの発言をここで彼女が反日なのではないかという目で見直してみたら、なぜか歯が浮くような思いに駆られるのは私だけだろうか?

「今日は先輩モデルの美玲さんと一緒ですっごく緊張しました。本当に美玲さんキレイでした…」

「私自身もオシャレが大好き。参考にしているのはハリウッドの人たちのファッション」

「日本で女優としても活動していきます。“初心忘るべからず”の精神で頑張りますので、よろしくお願いします!」

引用元:元KARA知英(ジヨン)、「non・no」レギュラーモデルに新加入

この発言、おそらくこう考える人もいるだろう。

「いやいや、桐谷美玲を先輩モデルとか敬ってるくせに崇めてるのはハリウッドかよ」「そのうえで”初心忘るべからず”とか私古き良き日本知ってますアピール見え見えなんだよ」

「子供の頃から日本の妖怪に興味があって、原作を面白く読ませてもらいました。ゆきめはいちずで、何か始めると夢中になってしまうところが自分と似ている。原作通りに演じるか、自分で作っていくか、難しいところですが、原作のイメージを守りつつ、新しいゆきめを作っていきたい」

引用元:元KARAジヨン、ぬ~べ~の婚約者役に

→「いやいや、日本の妖怪なんて日本人の自分でも興味ないわw。確実にマネージャーからの入れ知恵だろうw。日本好きアピール見え見えだろw」

といった具合である。(笑)

信じる信じないは人それぞれだが、KARAの時代からグループとしての反日的な行動も見受けられたこの知英(ジョン)。

ぬ~べ~でのセリフもやはりカタコト感が抜けないようだが、頑張ってほしいところだ。

スポンサードリンク

 

嫌韓の人が多いのになぜ韓流は日本で売れるのか。

時々不思議に思うのだが、嫌韓が多いこの日本でのご時世、なぜ韓流はこれほどまでに生き残れるのか。

それはおそらく、大衆を上手く利用したマスメディアの戦略だろうと言われている。

ルックスや表層的な音楽性などに惹かれて好きになるファンが多くいるのは事実だ。しかし、実態は韓国のライブで反日と言っても過言ではないような歌を歌ったりなどの事実があり、韓流、ないし韓流ファンに対する一部の人の嫌悪感は高まっていく。

→ネットなどで韓流、ないし韓流ファンは誹謗中傷の的になる

→それに反発するように、ファンはさらに反動的に好きになる

→さらに、嫌韓の人は結局その話題やニュースに敏感になり、結果的に日本国民への露出は高くなる。

→メディアはその話題性だけで儲けれる。

というマスメディアの考えが定着しているのではないか。

マイナスの感情、プラスの感情そっちのけで、メディアや業界はとにかく注目を集め、儲けたら勝ちなのだ。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ