11月18日サッカーオーストラリア戦!放送チャンネル,キックオフ時間,場所,見どころ解説

スポンサードリンク

11月18日サッカーオーストラリア戦!放送チャンネル,キックオフ時間,場所,見どころ解説

ブラジルとの強化試合で0-4の完敗を喫して1ヶ月、14日にはホンジュラス戦を終え、

いよいよ強豪のライバル、オーストラリアを長居スタジアムに迎える。

今回はそのキックオフ時間、注目選手に迫った。

 

ブラジル戦では屈辱の0-4完敗を喫した日本代表。

ブラジル戦では屈辱の0-4完敗を喫した日本代表。

11月18日サッカーオーストラリア戦のキックオフは?

基本的な情報は以下のようになっている。

大会名:キリンチャレンジカップ

キックオフ時間:19:20

場所:大阪長居スタジアム

放送チャンネル:フジテレビ系にて全国放送

 

1956年の初オーストラリア戦から数えての成績は、

22戦中7勝8分7敗と勝率は50%イーブンだが、

ホームでの成績は2勝4分けと負け知らずだ。1試合の平均得点は1.36、失点は1.32と

今回の試合でも得点、失点ともにありうる非常に面白い試合展開がありそうだ。

スポンサードリンク

11月18日オーストラリア戦に向けアギーレもスイッチオン?

アギーレ監督は、オーストラリア戦に向けこのようにコメントしている。

オーストラリアは、アジアで最も強いチームのひとつなので、自分たちの力を試す絶好の機会となります。イングランドで プレーする選手が多いという影響もあり、日本を含むアジア各国とは違い、ヨーロッパ的な特徴を持っています。
ケーヒルのようなスター選手もいますが、しっかりとブロックを組み、フィジカル的にもパワフルなチームとしての戦いが目立ちます。また空中戦も強力です。

引用元:キリンチャレンジカップ2014 11月の試合(11/14@豊田、11/18@大阪)の対戦国が決定

オーストラリアの強みと言えば、やはりフィジカルを活かした空中戦とロングパスからの抜け出し、ポストプレイなどがあげられる。

しかしブラジ戦の惨敗を喫してから、アギーレ監督のスイッチもオンになってきたようだ。

アギーレ側近の小倉森コーチは、以下のように語る。

4失点にショックを受けていたが、国内組主体のメンバーで示すものは示した。これまでいろんなスイッチを入れてきたアギーレさんだけど、次はまた違うスイッチを入れていくと思う

引用元:アギーレ監督 11月豪州戦では“やる気スイッチ”ON

ブラジル戦での惨敗を払しょくできるよう、頑張ってもらいたいところだ。

 

11月14日オーストラリア戦の要注意選手はケーヒル。WCでもオランダ相手にスーパーボレー

11月14日、サッカー日本代表にとって最も注意しなければならない相手は、やはりオーストラリアのエース・ケーヒルだろう。

ケーヒルは身長178cm、34歳、NYレッドブルズ所属

ケーヒルは身長178cm、34歳、NYレッドブルズ所属

ブラジルワールドカップでは、あのオランダを相手に大会ベストゴールに数えられるスーパーぼれシュートを見せている。

オーストラリア代表のスタメン平均年齢は、2010年の段階で31.18歳(オマーン戦)。

高齢化が進み、若手の伸びが気になるところではあるが、裏を返せばベテランの集まり。スタミナよりも大局観と技術で攻めてくるはずだ。

フィジカルの強さだけではなくテクニックを兼ね備えたオーストラリアに対して、どのような戦いを見せるのか、日本代表を応援したい。

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ