感動)天皇陛下がパラオ訪問|激戦の地ペリリュー島の美談

スポンサードリンク

戦後70年 天皇陛下がパラオ訪問

4月8日、天皇、皇后両陛下がパラオに到着されました。

その夜パラオ政府の主催する晩さん会が開かれ、陛下はレメンゲサウ大統領閣下の招待に対する感謝を述べられました。

ペリリュー島 美談

今回のご訪問は陛下も強く望まれたことでした。

 

ペリリュー島 日米激戦の地

ペリリュー島は、かつて日本軍とアメリカ軍が激戦を繰り広げた地。

この島を中心に、パラオではおよそ1万6千人もの日本人が命を落としました。

 

さてこのペリリュー島、太平洋戦争のさなかある美談が生まれたのをご存知でしょうか。

 

ペリリュー島の美談

戦時中、ペリリュー島に日本軍が進駐したときのこと。

日本軍の陣地を作ろうと、現地の人々も力を合わせました。

彼らは日本軍と打ち解け、一緒に日本の歌を歌ったりしました。

ペリリュー島 美談

島には今も零戦が。

やがて日本軍は不利な状況に追い込まれます。

現地の人が仲間とともに「自分らも参戦したい」と日本軍の守備隊長に願い出たのです。

守備隊長は激怒。「帝国軍人が、貴様ら土人と一緒に戦えるか!」と追い返されました。

「仲間だと思っていたのに…」悔し涙を流し船に乗り、島を離れた瞬間。

日本兵全員が彼らを笑顔で見送りに来たのです!

そして一緒に歌った日本の歌を歌いながら、手を振って彼らを見送った。
先頭には笑顔で手を振るあの隊長が。

その瞬間、彼は悟ったという。
あの言葉は、自分達を救うためのものだったのだと……。

引用元:美談ですが・・・ 素晴らしい日本-ウェブリブログ

日本軍が不利な状況であるからこそ、ペリリュー島の人々を巻き込むわけにはいかないと考えたのでしょう。

ペリリュー島 美談

両陛下は「西太平洋戦没者の碑」に献花。

「パラオの統治者である日本軍」としては、パラオ諸島の小さな島・ペリリュー島の
民間人を“圧倒的不利な戦局”に巻き込んではならないと配慮したのだ。

そして船舶も乏しい中、空襲を避けて夜間に船を出し、住民の全員をパラオ本島に避難させたのである。

引用元:美談ですが・・・ 素晴らしい日本-ウェブリブログ

日本軍の願いのとおり、ペリリュー島の民間人の死傷者はゼロでした。

スポンサードリンク

 

ペリリュー島の秘話 米軍司令長官も感動

ペリリュー島の美談は、アメリカ軍の司令長官チェスター・ニミッツ氏をもうならせました。

※引用文では「ミニッツ」と記載されていますが、正しくは「ニミッツ」氏です。

その先人たちを、敵の総司令官、チェスター・W・ミニッツも称えています。
「この島を訪れる、もろもろの国の旅人たちよ。
あなたが日本の国を通過することあらば伝えてほしい。
此の島を死んで守った日本軍守備隊の勇気と祖国を憶う、その心根を。」

引用元:美談ですが・・・ 素晴らしい日本-ウェブリブログ

アメリカ軍の、それも総司令官が称えたエピソード。

ペリリュー島 美談

チェスター・ウィリアム・ニミッツ氏

自らの軍が危機的な状況にありながらも、現地人を守った日本軍。

このエピソードは毎日新聞のコラムにも掲載されたことがあるそうです。

 

パラオの人 日本語に馴染み深い!?

パラオは日本に統治されていたこともあって、当時の子どもは日本語教育を受けていました。

そのため年配の人は日本語を話すことができます。

若い人でも単語レベルなら理解ができるそうです!

ペリリュー島 美談

パラオは世界一の親日国!?

日本語が語源の言葉も多数存在。

おいしい → アジダイジョーブ

インスタントラーメン → サッポロイチバン(特定のブランドではなくインスタント麺全般をさす言葉)

電柱 → デンキバシラ

混乱する → アタマグルグル

 

信じられませんが実際使われている言葉です。

名前も日本風の姓や名を持つ人が多いです。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ