競泳冨田尚弥選手アジア大会でカメラ窃盗で逮捕?選手団から追放!

スポンサードリンク

 

(画像)冨田尚弥選手(競泳)アジア大会でカメラ窃盗で逮捕か?

連日テレビでメダル獲得のめでたいニュースが入ってくる仁川アジア大会ですが、

日本にとって非常に不名誉で恥さらしな事態が発生した模様なのでお届けします。

なんと、競泳男子の選手、冨田尚弥が、韓国メディア報道陣のカメラを盗んだという疑いがあり、

26日から27日未明にかけて仁川市の警察から事情聴取を受けたそうです。

 

問題の冨田尚弥選手。んー眉毛が細い、、

問題の冨田尚弥選手。んー眉毛が細い、、

冨田尚弥選手自身は事実関係認め日本選手団から追放!

冨田尚弥選手は、前回の広州アジア大会では男子200メートル平泳ぎを制して金メダルを取っている立派な選手です(でした)。

経歴はこんな感じになっています。

1989年生まれ、愛知県出身

豊川高等学校、中京大学卒業で、現在はチームアリーナ所属。

身長174cm、体重74kgです。

その選手が一晩にわたる事情聴取を経て、なんとカメラを盗んだという事実を認めたのです!

これを受けて、日本水泳連盟の鈴木大地会長は、富田選手を日本選手団から追放することを決めたとのこと。

冨田尚弥選手、終わりましたね。。国際舞台でこのようなことをするとはまさしく日本の恥さらしです。。
冨田尚弥選手のインタビュー動画も入手しました。

んー眉毛が細すぎますね。しゃべり方もまだしっかりしていません。手癖が悪いのもうなづけるかな?

冨田尚弥選手は窃盗なんかする選手なの?韓国警察側の工作の可能性は?

さて、問題なのが日本人の、しかもトップアスリートである冨田尚弥のような人が窃盗のようなことをするのかどうか、という点です。

しかも事情聴取をしたのが韓国警察です。これもまた気になります。

今回のアジア大会だけでも、バトミントンで空調の向きを変えて日本選手を負けに追い込んだ疑惑や、

弁当が全く届かずに昼食抜きで他国選手に試合に臨ませた疑惑など、

憶測を含めて様々ありますが。

もしこれが、警察ぐるみでの日本の選手を落とし入れようとする工作行為なら、これまたえらいことです。

国家権力を恣意的に利用して海外に人柄を拘束、事情聴取していることになります。

しかもそういうことをやりかねないのが韓国、特に韓国の公権力ですよね。

まあ今後の冨田尚弥選手に関する報道に注目しましょう。

スポンサードリンク

“競泳冨田尚弥選手アジア大会でカメラ窃盗で逮捕?選手団から追放!” への1件のフィードバック

  1. 本多正明 より:

    水泳の富田選手、本当にやっていないのなら、捕らえられたときに、なぜ徹底してやっていないと主張しなかったのか?実際にカメラは彼のかばんの中に入っていたのだろうが、それを見つけたとき、これは誰のだ、なぜ俺のバッグに入っているのだ、と大騒ぎをしなかったのか?警察の取り調べのときに、自分がやった、と白状したそうだが、本当はやったのではないのか?日本に帰国して、急にやっていない、と主張しても、いまさら信じられないのではないか?あの時韓国側の悪党が仕組んだとしても、徹底的にやっていないと主張して、日本のチーム役員、その他影響力のある日本人関係者に解決を求めなかったのか。こいつも馬鹿だよ。

コメントを残す

このページの先頭へ