(プレー動画あり)Wikiにも載ってない新星。日本代表候補の目玉、サイゴダードを紹介、分析!

スポンサードリンク

(プレー動画あり)Wikiににも載ってない新星日本代表候補の目玉、サイゴダード(サイ・ゴダード)を紹介、分析!

イングランドのクラブ、ユースチームでプレーするサイゴダードが日本代表の目玉になるのではないかという話が広まっています。
サイゴダードとはだれなのか、情報をまとめてみたのでここで紹介します。

サイゴダード選手

サイゴダード選手

所属チームは英国トットナム、U-16の日本代表戦にも出場。
サイゴダード選手は1997年ロンドン生まれ(16歳)。
身長163cm、体重52kgと非常に華奢だが、まだ16歳なので大丈夫!
イギリス人の父と日本人の母の間に生まれる。サイ、という名前はイギリス人のお父さんが芸術家で、日本語の「彩」という字からとったとのこと。
現在は名門トットナム・アカデミーの1年生。父の芸術性を受け継いだのか、トリッキーな両利き攻撃的MFとして活躍しています。
現在は2重国籍なので、どちらの国のチームでもプレーすることができるのですが、「夢は日本のフル代表でプレーすることです」と公言するサイゴダード選手。

2013年3月には、U-16日本代表に招集され、フランスで行われたモンテギュー国際大会のポルトガル戦で代表デビューを飾りました。

そのサイ・コダード選手の貴重なプレーを見れる動画を発見したので紹介します。
162cmと身長は華奢ですが、一人中盤で異次元のドリブル、懐の深さを見せてミドルシュートでゴールを決めています。(対クロアチアの日本代表戦)

スポンサードリンク


これで16歳とはさらに将来が楽しみですね。
イングランドでは二重国籍などの関係でイングランド代表じゃなく、もう一つの国の代表を選んだ選手が結構いるそうで、問題に上がることもあるそうです。
Adnan Januzaj(ベルギー)
Victor Moses(ナイジェリア)
Lewis Holtby(ドイツ)などがそうですね。

オシムジャパンのサッカーに心を奪われたサイゴダード選手

どうして日本代表でプレーしたいのか、という質問に対しては、「10歳の時、プレーをしたいと思った。その後も日本のサッカーはさらにすばやくなった。あのスタイルがとても好きで、日本代表の試合を見るのは楽しい。」と述べています。

当時はオシムジャパンの時代でした。パスワークで連動しつつ相手チームを切り崩していくのを見て、心奪われたのでしょう。

 

 

何せ日本が大好きっぽいサイゴダード選手(笑)

日本語レッスンは週2回受けており、まだ苦手とのこと。

それでも英国紙daily mailのインタビューには「通訳を介さないといけないのは重荷に感じたが、ほかの選手もサポートしてくれるし、例えばパスをもらいたかったらyeahって英語でいえば良いしね」(笑)と案外大丈夫そうです(文章は筆者訳・要約)。

きたるWC2018には20才!活躍に期待です。

きたるWC2018には20才!活躍に期待です。

その他、同誌のインタビューでは「日本に行って日本のサポーターを見たときには本当に驚いたね。」「(日本のサポーター)はとっても情熱的。イタリアのサポーターみたいな感じでね。あのサポーターの前でプレーできるっていうのは素晴らしい環境だと思う」など、日本のサポーターの熱狂度合いにも感心しています。

2,3年後には日本でプロ契約を夢見て練習しているというサイ選手、今後の活躍に期待しましょう!

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ