蛭子能収の信じられないクズエピソード,もはや逸話

スポンサードリンク

蛭子能収の信じられないクズエピソード,もはや逸話

なにかと笑いを誘う要素の多い蛭子能収さん。

彼の「クズ」エピソードを、プロフィールとともにご覧ください。

蛭子能収クズ逸話エピソード

 

蛭子能収プロフィール

蛭子 能収(えびす よしかず、1947年10月21日 – )は、日本の漫画家、イラストレーター、タレント、俳優、映画監督。ファザーズコーポレーション所属。長崎市立長崎商業高等学校卒業。

引用元:Wikipedia「蛭子能収」

 

熊本県牛深市(現天草市)生まれ、長崎県長崎市戸町育ち。

 

蛭子能収クズ逸話エピソード

 

 

上京後はちり紙交換やダスキンのセールスマンなどの職に就く。また、映画監督を目指しシナリオ学校に1年程度通っていた時期もある。

引用元:Wikipedia「蛭子能収」

 

『月刊漫画ガロ』(青林堂)1973年8月号掲載の「パチンコ」で漫画家デビューした[1]が、青林堂の慢性的な経営不振により原稿料は出なかった。このデビュー作はタイトルが「パチンコ」であるが、作中にパチンコそのものはまったく出てこない。

引用元:Wikipedia「蛭子能収」

なぜパチンコをタイトルにした…。

1981年、初単行本である「地獄に堕ちた教師ども」が青林堂から刊行されるのを期に株式会社ダスキンを退社して漫画家として独立する。

引用元:Wikipedia「蛭子能収」

 

 

蛭子能収クズ逸話エピソード

作品もシュールです。

1985年からは俳優として舞台活動もこなし、テレビドラマ「教師びんびん物語II」への出演を皮切りにテレビ番組にも進出し、特異なキャラクターを活かした芸能活動に比重を移し、数多くのバラエティ番組に出演している。

引用元:Wikipedia「蛭子能収」

 

スポンサードリンク

クズエピソードの数々

●自分よりランクの低い人には挨拶をしない

勝俣は、かつて蛭子に「(自分より)ランクが下の人間には挨拶しない」と聞いたという。勝俣は、松本人志らスタジオの出演者に確認したが、蛭子の挨拶を受けたものは一人もいなかった。

引用元:蛭子能収は「クズ」 驚きのエピソードに観客から悲鳴も

悪意があるわけではなく、「挨拶された方は受け止めるのが大変」とのことです。

 

●息子の友人をマンガの中で殺害

あるとき、幼い息子の友人が自宅に遊びに来て、蛭子が大事にとっていたプリンを勝手に食べてしまったそう。蛭子は腹いせに自身のマンガで同じシチュエーションを描き、その中で息子の友人をバットで惨殺したという。

引用元:蛭子能収は「クズ」 驚きのエピソードに観客から悲鳴も

なんという大人気のなさ。

同じようなエピソードが他にもあり、長男の一郎さんをマンガに登場させ焼き殺したこともあります。

実の息子である蛭子一郎を漫画に登場させ、作中で焼き殺したことがある。

引用元:Wikipedia「蛭子能収」

蛭子能収クズ逸話エピソード

父親に激似!の息子の一郎さん

 

●妻の死後、女性マネージャーを口説いた

蛭子は2001年に妻を亡くしたが、妻の死後2ヶ月後には落ち込んだふりをして女子マネージャーを自宅に呼び、口説こうとしたという。

引用元:蛭子能収は「クズ」 驚きのエピソードに観客から悲鳴も

「女性なら誰でもよかった」と当時を振り返った蛭子さん。

ちなみに蛭子さんは2007年にハリセンボン近藤春菜さん似の女性と再婚しています。

 

●武井壮さんのお兄さんのエピソードで爆笑

武井壮さんには亡くなられたお兄さんがいます。お兄さんの恩人である坂上忍さんに感謝の手紙を読んだときのことです。

ある番組で武井は、兄の恩人である坂上の前で、感謝の気持ちを込めた手紙を読んだ。しかし、その場にいた蛭子は、神妙な面持ちの二人の横で爆笑していた。

引用元:蛭子能収は「クズ」 驚きのエピソードに観客から悲鳴も

 

クズ呼ばわりされる原因?極度の笑い上戸!

まだまだ続くクズエピソード!

どうも蛭子さん、真面目な場面でわらってしまうのだそう。

●番組内のシリアスな場面で笑う

出演するテレビ番組で、悲しい場面で笑ってしまい(笑いのツボが多少ズレているとのこと)、生放送だったため、CMに切り替えられたことがある。

引用元:Wikipedia「蛭子能収」

どんな場面だったのでしょうか。

 

●ファンクラブ会長の葬儀で爆笑

ファンクラブ会長に限らず、ビートたけしさんのお母さんや、自分の親の葬儀でも笑って過ごしました。

自身のファンクラブ会長の葬儀に参列し、棺の中に自著『なんとなくピンピン』が収められているのを見て笑いが止まらなくなり、会葬者をあ然とさせ、連れだされた逸話がある。

引用元:Wikipedia「蛭子能収」

 

「なんとなくピンピン」は蛭子さんの短編集です。連れ出されるって相当ですね。

でもこの表紙だったら…自分の本とはいえ笑っちゃうかな?

奥さんの葬儀では涙を流した蛭子さんですが、じゃあなんでマネージャー口説いちゃうかなァ。

 

大のギャンブル好き

蛭子さんといえばギャンブラーとしても知られています。

無類のギャンブル好きで競艇から麻雀、パチンコ、カジノまでオールラウンドにこなす。ギャンブル熱はギャンブル依存症レベルに達している。

引用元:Wikipedia「蛭子能収」

 

これまでにギャンブルで1億円以上負けている。

引用元:Wikipedia「蛭子能収」

ヒエッ!1億円以上…!?

 

親の葬儀後に喪主である兄と一緒に大村競艇場に行った。

引用元:Wikipedia「蛭子能収」

親の葬儀で笑うだけにとどまらず、その後は競艇場に直行!競艇はお兄さんのすすめでハマりました。

「蛭子能収杯」「蛭子ドリーム」などのレースもあるくらい競艇を愛する蛭子さん。

 

蛭子能収クズ逸話エピソード

 

 

競艇のことなら何でも知っていることから「芸能界ナンバーワンの競艇通」と言われている。また、蛭子が舟券を買うときに、高額配当の目を手広く何点も広げて買うことから、競艇ファンはそのような買い方を「蛭子買い」と呼ぶようになった。

引用元:Wikipedia「蛭子能収」

ひょっとして1億負けているのって「蛭子買い」のせいなんじゃ…。

 

 

エピソードをあげたらキリがない蛭子さんのクズっぷり。

最近はなんと認知障害の診断も下されてしまいました!大丈夫なのでしょうか。

2014年11月10日放送『私の何がイケないの?』の脳検査で、軽度認知障害があることが発覚した。その後「俺は絶対にボケないぞ!」をアックス102号で発表している。

引用元:Wikipedia「蛭子能収」

もともとホワンとした雰囲気をお持ちですが、どうかボケないでほしいですね。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ