愛子さまの偏差値が高すぎる|成績も英語力もハイレベル!

スポンサードリンク

愛子さまの偏差値が高すぎる|成績も英語力もハイレベル!

2014年、学習院中等科に入学された愛子さま。

依然不規則登校が続いているとの声もありますが、優等生だったのです!

愛子さま偏差値学習院天才発達障害

 

 

初等科時代にも極めて優秀な成績を修めていらしたようですよ。

「愛子さまの通信簿はほぼオール5です。4は1つか2つみたいですよ。学年でもトップ10に入る成績だそうです。保護者たちからも“将来は東大に進まれるのでは”という声が上がるほどです」(学習院関係者)

引用元:通信簿ほぼオール5の愛子さま 偏差値は72くらいとの予測も

学習院でトップクラスの成績を残すのはかなり難しいのではないでしょうか。

クラスの主幹(担任)が国語の担当という影響も大きいようですが、本当に本を読むのがお好きなようで、読めない漢字があれば、自ら漢字辞典を引いて学ばれているそうです。漢字のテストはほとんど100点満点で、たまに間違えた漢字があれば、その漢字をノートに100回書いて覚えられているようです」(前出・学習院関係者)

算数は、少々苦手といわれているが、それも“他の教科に比べると”というレベルで、決してテストで悪い点数を取られているわけではないという。

引用元:通信簿ほぼオール5の愛子さま 偏差値は72くらいとの予測も

 

国語がお好きだったのでしょうか。学習院初等科でトップクラスというと、

中学受験の観点で見ると偏差値72程度にあたるそうです。

中等科に進学後も定期テストを欠席されたりということがありましたが、雅子さま譲りの頭脳を持った天才肌といえるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

 

愛子さまの英語力にも注目

テレビではあまり発言の場面が映されない愛子さまですが、英語が堪能とのこと。

 

愛子さまが通う学習院初等科では4年生から週2回、英語の授業をスタートするのだが、雅子さまはこれに合わせるように愛子さまに英語の先生をお付けになった。

「上智大学英文学科を卒業後、2年間中学校で英語教師を務めた霜鳥加奈さんが愛子さまの養育係として就任しました。まさに彼女は英語が堪能な、雅子さまが選ばれた“英語教育のスペシャリスト”といえる人材でした」(宮内庁関係者)

引用元:愛子さまの英語力はネイティブ級 短期集中セミナーにも参加

 

雅子さまの意向で、元英語教師を養育係に。

さらに、学校の授業に加えて複数の英語セミナーを受講されていたようです。英語に触れる機会が増えるのはいいことなのですが、愛子さまにとって負担は大きくなかったのでしょうか…。

愛子さま偏差値学習院天才発達障害

 

こうした努力の結果、英語力はみるみるアップ!

「愛子さまの英会話はネイティブに近いほど流暢だそうです。すでに皇太子さまが“愛子は私よりもきれいな英語を話します”とおっしゃられるほどだそうです」(前出・宮内庁関係者)

引用元:愛子さまの英語力はネイティブ級 短期集中セミナーにも参加

 

10代前半の時点でネイティブに近い会話レベル。。すごいですね。

 

 

ところで、学習院関係者とか宮内庁関係者とか…こんなにペラペラ情報漏らしちゃっていいもんなのでしょうか。ホントに関係者…?

まあそれはともかく、今や英語力は会話、読み書きともにニーズが高まってきていますからね。まして皇室ともなると必要不可欠。

愛子さま偏差値学習院天才発達障害

英語力があって他の勉学にも励んでいらっしゃるなら大きな問題はないのでは?

 

そして雅子さまは愛子さまが東大もしくはハーバード大へ進学することを願っているようです。ご自身がハーバード大卒ですからね。自分の母校も検討してほしいのでしょう。

ちなみに、愛子さまに関してはその天才肌故もあってか、下の記事のような根の葉もないうわさもたっています。

あわせてお読みください。

愛子さまが発達障害との噂?症状などを検証。

 

今日はこの辺で失礼します。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ