桂歌丸のタバコの本数がヤバ過ぎる!?死因のCOPDとは?

スポンサードリンク

桂 歌丸さん生涯現役貫く 追悼番組相次いで放送

落語家として生涯現役を貫いた桂歌丸さん。

追悼番組が各局で相次いで放送されています。

桂歌丸 COPD

7月2日、COPDのため81歳で亡くなった桂歌丸さん。

「笑点」の放送局である日本テレビでは7月12日追悼番組が放送され、約2時間にわたって歌丸さんの生涯を振り返りました。

 

ピース1缶 桂 歌丸さんタバコの本数がヤバい!?

生前の桂歌丸さんはかなりのヘビースモーカーでした。

1日に50本ものタバコを吸っていた時期もあったとか。

「缶ピースを1日に1缶ほど。本数にすると少なくとも50本です。師匠のかばんの中の缶ピースの在庫を切らさないことが、入門したての弟子が最初に覚える仕事でした」(寄席関係者)

引用元:歌丸さんが愛した「地元」と、歌丸さんが愛しぬいた「妻」。あたたかい哀悼秘話

桂歌丸 COPD

2017年に肺炎になってからは日常生活でも酸素ボンベが必要になった。

ただ、2009年に肺気腫をわずらってからはさすがに禁煙せざるを得ませんでした。

 

桂 歌丸さんの死因COPD(慢性閉塞性肺疾患)とは?

7月2日亡くなった桂歌丸さんですが、死因はCOPD(慢性閉塞性肺疾患)です。

COPDとはタバコの煙といった有害物質によって肺げ炎症を起こしてしまい、呼吸がしづらくなる病気です。

 

吸い込んだ空気は肺胞という所に入っていくのですが、COPDの患者さんの肺胞は弾力を失っています。

加えて気管支も炎症を起こし中が狭くなっているので、吸った空気を吐き出しにくくなるのです。

桂歌丸 COPD

歩くのもつらいという中で生涯現役を貫いた。

COPDの9割は喫煙が原因ですが、大気汚染が原因となるケースもあります。

 

円楽さんと仲良しの桂 歌丸さん ディスり芸は自らすすめる

桂歌丸さんといえば「笑点」での三遊亭円楽さんとのやりとりが印象的ですね。

円楽さんが歌丸さんをディスる芸風は、なんと歌丸さん自身がすすめたスタイルだったのです。

桂歌丸 COPD

ディスり芸の中でも死亡ネタが人気を集めた。

8日放送の「笑点」で円楽さんは「ジジイ!早すぎるんだよ!」と歌丸さんを偲びました。

後半は大喜利のコーナーで、テーマは「ありがとう歌丸師匠」。歌丸さんが喜びそうなことに座布団1枚という特別ルールで、各メンバーが笑いを交えながら歌丸さんへの思いを伝えていった。

 最後に円楽が指名されると、「最後に一言いわせてください。ジジイ!早すぎるんだよ!」と大声で叫び、会場からは万感の拍手。最後に観客と視聴者に頭を下げるシーンで、円楽は流れてくる涙をハンカチで抑えながら、歌丸さんへの感謝の意を示した。

引用元:三遊亭円楽「ジジイ!早すぎるんだよ!」 歌丸さんへ思い叫び、こらえきれず涙…

また円楽さんは歌丸さんの遺言に従い、告別式と同じ日に行われた横浜にぎわい座での落語を優先しました。

桂歌丸 COPD

告別式開始前に焼香を済ませた円楽さんは、その後にぎわい座の高座に上がった。

横浜にぎわい座は歌丸さんが館長を務めた大衆芸能専門館です。

こうした点にも強い師弟愛を感じますね。

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ