朝丘雪路のお嬢様エピソードが凄まじい!「認知症写真」とは?

スポンサードリンク

朝丘雪路さんのお嬢様エピソードをご紹介

天然キャラで有名な女優の朝丘雪路さんが4月27日に亡くなりました。

父親は日本画家の伊藤深水、母親は料亭の女将さん。そんなご両親のもとに生まれたのですから、超のつくお嬢様でした。

朝丘雪路 お嬢様エピソード

父親には特に溺愛されて育ったという。

今回は朝丘さんの仰天お嬢様エピソードの数々をご紹介します。

また、死因となったアルツハイマー型認知症についても触れます。

 

朝丘雪路さんお嬢様エピソード①お金を払ったことがない

人生でまったくというわけではありませんが、ある程度の年齢になるまで自分でお金を払ったことがなかったのです。

“お嬢”育ちの彼女は、水道水にカネがかかることを知って驚いたり、買物は幼少時から名前をいえばツケがきいたゆえ自動販売機に向って「朝丘です」と話しかけたりと、“天然”のエピソードには事欠かない。

引用元:天然キャラ「朝丘雪路」から“笑顔”と“命”を奪ったアルツハイマー

朝丘雪路 お嬢様エピソード

自動販売機に人が入っていると思っていた。

結婚して娘の真由子さんが生まれた後もお金に無頓着過ぎるままだったのですから驚きですよね。

 

朝丘雪路さんお嬢様エピソード②人力車で通学

小学校時代はばあやとともに人力車に乗って通学していたという朝丘雪路さん。

朝丘雪路 お嬢様エピソード

学校が終わると銀座の街に連れて行ってもらっていた。

ちなみに朝丘さん、アルマーニの制服で話題となった泰明小学校の出身です。

 

朝丘雪路さんお嬢様エピソード③お箸とお茶椀しか持ったことがない

お嬢様育ちの女性に「箸より重いものを持ったない」という表現が使われますが、朝丘雪路さんはそれを地でいってしまった人なのです。

宝塚に入団するまでお箸とお茶椀以外のものを自分で持ったことがありませんでした。

朝丘雪路 お嬢様エピソード

月組で娘役として活躍した朝丘雪路さん。

通学カバンもばあやに持たせていたのでしょうか。

 

朝丘雪路さんお嬢様エピソード④しらすの目を取ってもらっていた

朝丘雪路さんは意外なものに恐怖心を抱く人で、目のあるものが大の苦手なのです。

食事の際しらすの目をいちいち取ってもらってから食べていました。

朝丘雪路 お嬢様エピソード

朝丘雪路さんは目のあるものすべてが苦手。

ちなみに朝丘さんは動く食べ物も苦手。

タコの踊り食いなんてまず不可能ですね。

 

朝丘雪路さんお嬢様エピソード⑤子どもの世話はお手伝いさんに

娘の真由子さんが生まれた後、おむつ替えなどは自分でやらずお手伝いさんにやらせていたという朝丘雪路さん。

ちなみに朝丘さんは真由子さんから「お母さん」ではなく本名で「雪会ちゃん」と呼ばれていました。

朝丘雪路 お嬢様エピソード

長女の真由子さんも女優として活躍している。

真由子さんから見てもだいぶおかしなお母さんだったことがうかがえます。

 

アルツハイマー型認知症で死去した朝丘雪路さんの「認知症写真」とは?

ネットで朝丘雪路さんの名前を検索すると「認知症写真」というワードが出てきます。

なんと朝丘さんがアルツハイマー型認知症を発症した後の写真があるのです。

朝丘雪路 お嬢様エピソード

関係者の間では「天然な性格のせいでアルツハイマーの発見が遅れた」という声もある。

以前の朝丘さんと比べて表情があまり豊かでない印象を受けますね。

心なしか、目の焦点も合っていないように見えます。

 

アルツハイマー型認知症で亡くなったという朝丘さんですが、実際にアルツハイマーが原因で亡くなるケースはあるそうです。

終末期には、体の動きをつかさどる脳領域にまで病変が広がり、手足を動かすことができなくなって寝たきりになる。そのため、全身の機能が低下し、循環器・呼吸器疾患などを起こしやすくなる。

引用元:朝丘雪路さんを襲ったアルツハイマー型認知症は「死に至る病」

脳の生命の維持に関わる部分が侵され、肺炎などを起こして亡くなる方が多いのです。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ