ビートたけし独立騒動をわかりやすく解説!洗脳、社長の裏切り…

スポンサードリンク

ビートたけしさん独立騒動をわかりやすく!

オフィス北野を退社し独立したことが話題となっているタレントのビートたけしさん。

ビートたけし 独立

3月いっぱいでオフィス北野を退社。

ここのところたけし軍団の芸人が意見を次々コメントを出しており、事態が複雑化しています。

 

今回はビートたけしさんの独立騒動について簡単にまとめたいと思います。

 

ビートたけしさん泥沼独立騒動 社長の裏切りとは

たけし軍団の水道橋博士さん、ダンカンさんらが言うには、ビートたけしさんが独立するのはオフィス北野の社長・森昌行氏による「裏切り」行為が原因だとか。

ビートたけし 独立

オフィス北野の社長、森昌行氏。

ダンカンは「オフィス北野」の森昌行社長(65)がたけしの知らない間にオフィス北野の筆頭株主になっていたこと、社長や幹部、社員の給与が高額になっていたこと、オフィス北野が赤字転落していたことなどを今月1日、ブログで告発。

引用元:ダンカン、たけしの独立騒動で激白「森社長は株を会社の金で買って自分の名義にしている」

筆頭株主とは、その会社の株を一番多く所有している人のこと。

本来、オフィス北野の筆頭株主はたけしさんです。

しかしたけしさんに何の断りもなく、森社長は筆頭株主になったのです。

 

独立のビートたけしさん 森 昌行社長に激怒

会社が意思決定するにあたり一番大きな影響力を持つ筆頭株主。

森昌行社長は役員の報酬をかなりの高額に設定するなど、たけしさんの意に反した経営をするようになりました。

ビートたけし 独立

森社長の自分勝手な行動により、オフィス北野は赤字状態だという。

森社長とたけしさんは長らく交流があり、「信用できるから」と森社長をオフィス北野の社長にしたのです。

しかし森社長のこんな自分勝手な行動が本当なら、独立してしまうのもやむを得ないでしょう。

 

ビートたけしさんの独立 愛人による洗脳説も!?

オフィス北野北野から独立したビートたけしさんは、4月から新たな事務所T.Nゴンへと移籍しました。

この新事務所T.Nゴンは、たけしさんが愛人関係を持つ女性と立ち上げ、たけしさん自身が社長を務めている会社です。

愛人はたけしさんより18歳下で、たけしさんのビジネスパートナーともいえる存在。

ビートたけし 独立

たけしさんの愛人、横井喜代子さん(仮名)とみられる女性。

メディアでは横井喜代子さんという仮名で報じられています。

たけしの知人が言う。

「おそらく今、たけしさんの側にいる横井さんは“母親役”をうまくこなし、何から何まで世話をしてあげており、たけしさんはそれに頼りきっているのでしょう。しかし、たけしさんが女性に求めているのはそれだけではなく、時には叱ってくれるような“激しさ”も必要なのです」

母親のような優しさと激しさ。それをうまく使い分けながら横井さんはたけしの心を徐々に掴んでいったのだろうか。

引用元:「たけし」キスシーンにも激怒 “殿ご乱心”を招いた愛人

ビートたけし 独立

T.Nゴンという社名には、たけしさんの名前、たけしさんの小説の主人公の名、愛犬の名前が含まれている。

横井さんなる愛人がたけしさんを洗脳し、T.Nゴン設立に至ったという説が浮上しています。

なんだか能年玲奈さんの洗脳騒動に似ていますね。

このまま精神もお金も愛人に食いつぶされてしまうのでしょうか…?

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ