小室圭さんは仕事できない?英語力に限界、宮内庁が仕事斡旋も?

スポンサードリンク

小室 圭さんは仕事ができない?宮内庁が仕事斡旋か

秋篠宮家の長女、眞子さまとの結婚が延期になっていることで注目を浴びている小室圭さん。

小室圭 仕事できない

宮内庁が金銭トラブル解決に躍起!?

現在弁護士のアシスタントをするパラリーガルという仕事をしていますが、どうも「仕事ができない」タイプのようです。

そんな小室さんに、宮内庁が別の仕事を斡旋しようとしているのです。

もっと稼げてかつ小室さんの適性に見合った仕事があるなら、そちらに従事した方がいいかもしれませんね。

 

小室 圭さんは仕事ができない?不器用で英語力いかせず

中学、高校をインターナショナルスクールで過ごし、大学は眞子さまと同じICU(国際基督教大学)。

もちろん留学も経験しています。

英語力はかなり高いはずの小室さんですが、なぜ「仕事ができない」というふうに見られてしまうのでしょう?

小室圭 仕事できない

一橋大学大学院に通いながらパラリーガルの仕事をしている小室さん。

 「20人ほどいるパラリーガルのうち、男性は小室さん1人。弁護士の資料作成の手伝いから、お茶くみといった雑用まで業務は多岐にわたります。ただ雑用が苦手というか、コピーをお願いしても、うまくできないということがたびたびありました。

 資料を英訳したり、逆に日本語に訳したりするのも仕事のうちですが、小室さん、日常会話には問題ないのでしょうが、法律の専門用語というかビジネス英語は、まだ対応できていないようでいろいろと苦労している感じですね」(事務所関係者)

引用元:眞子さまの結婚に向け、宮内庁が小室さんに仕事斡旋も検討か

ビジネス英語自体、普段の会話ではなかなか使いません。

まして法律の専門用語となると、英語ペラペラな人でもよくわからないのでしょう。

 

仕事できない小室 圭さん 銀行退職の過去

小室圭さんはICU卒業、「湘南江ノ島海の王子」といった輝かしい経歴を持っています。

なのにICU出身者の中でも消極的な方だとか…

「バイタリティー溢れる人が多い中で、小室さんはあまり積極的にコミュニケーションを取るタイプではなかったそうです。優秀な人たちに囲まれて気後れもあったのか、挨拶もあまりしないようになり、仕事に燃えるというタイプでもなかったようです」(皇室記者)

引用元:眞子さまの結婚に向け、宮内庁が小室さんに仕事斡旋も検討か

小室圭 仕事できない

銀行を退職後、一橋大学大学院に入学しパラリーガルの仕事を始めた。

ICUを卒業した後は三菱東京UFJ銀行に就職した小室さん。

しかしバイタリティーが不足していたのか、はたまた前述の不器用さからか、2年で退職したのです。

 

小室 圭さんに仕事斡旋 宮内庁の意図

宮内庁は小室圭さんへの仕事斡旋を検討しているようですが、その目的は借金トラブルの解決だけではありません。

小室圭 仕事できない

眞子さまのお気持ちが小室さんから離れかけているという情報も…

万が一眞子さまとの結婚が破断となれば、その後小室さんやお母さんが皇室の裏情報を世に暴露する恐れがあります。

そんなことになる前に宮内庁がいい仕事を斡旋してあげれば「貸し」ができるということになります。

よって小室さんに仕事を与え収入安定に導くことは、皇室を守るためにもなるのです。

 

仕事できない上収入少ない?小室 圭さん「タクシー代がない」事件

小室圭さんは以前、タクシー代をケチったことで話題になったことがあります。

小室圭 仕事できない

普段は電車通勤をしている小室さん。

2017年5月、小室さんと眞子さまの婚約が内定予定というスクープが出た時のことでした。

その時小室さんは1人で会見を開いたのですが、小室さんの自宅や勤務先はマスコミでごった返していたのです。

そんな混乱を想定していた宮内庁は前日に「タクシーで出勤してください」と小室さんに要請していました。

しかし小室さんは「タクシー代が高額なので出せません」と断ったのです。

横浜の小室さんの自宅から都内の勤務先までは30km強で、タクシーを利用すれば1万円ほど。けっして安いとはいえないが、この日は特別な日だった。

引用元:眞子さまもご心配?小室圭さん「タクシー代がない」事件

小室圭 仕事できない

倹約志向だけは結婚後のメリットに?

結局宮内庁が用意した車で勤務先に向かった小室さん。

借金トラブルがある上働きながら学校へ行く生活なので決して金銭面に余裕があるわけではありません。

しかし眞子さまの夫となる人ですし、当時はイレギュラーな状況だったのです。

1万円のタクシー代ぐらいは出すべきではなかったのでしょうか?

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ