ET-KINGいときんさん死去 肺腺がんの原因は?刺青がすごい?

スポンサードリンク

ET-KINGいときんさん死去 肺腺がん闘病中

ヒップホップグループET-KINGのいときんさんが1月31日亡くなったことがわかりました。

いときん 肺腺がん

1月19日に胸の苦しさ訴え入院。

「ギフト」「愛しい人へ」などのヒット曲で知られる人気ヒップホップグループET-KINGのリーダー、いときんさん(本名・山田祥正=やまだ・よしまさ)が1月31日午前11時28分、大阪府内の病院で、がん性心膜炎のため亡くなった。

引用元:ET-KINGいときんさん死去 年末復活ライブも

いときんさんは2017年8月に肺腺がんで闘病していることを公表。

以来在宅での療養を続けていましたが、年末にはライブにも出演するというバイタリティーの強さを見せていました。

 

亡くなったET-KINGいときんさん プロフィール

本名:山田祥正(よしまさ)

生年月日:1979年3月3日

出身地:兵庫県三田市

いときん 肺腺がん

病室にギターを持ち込み作曲していた時期も。

1999年、自身がリーダーを務めるET-KINGを結成。

その前は大阪の福祉専門学校に通っており、柔道整復師の資格を所持しています。

芸名となった「いときん」は、古谷実さんの漫画「僕といっしょ」の登場人物、伊藤茂(通称イトキン)に由来しています。

いときんさんがそのキャラに似ているとのことで、専門学校時代につけられたあだ名だったのです。

また、当初芸名はカタカナで「イトキン」でしたが、2015年ひらがなの「いときん」に改名しました。

 

ET-KINGで活動する一方で作曲・編曲家、ラッパー、プロデューサーとマルチに活躍していました。

 

ET-KINGいときんさん襲った肺腺がんの原因は?

いときんさんのかかった肺腺がんは、肺の分泌腺にできるがん。

いときん 肺腺がん

喫煙との因果関係はあまりない。

歌舞伎俳優の中村獅童さんも同じ病気でした。

 

肺がんの中でもこの肺腺がんは特に多いタイプ。男性よりは女性に多いです。

原因としては喫煙も多少は関係していますが、たばこを吸わない人でもかかりうるがんです。

たばこ以外では大気汚染物質やアスベストなどが原因になります。

加えて、肺結核など肺の疾患を抱えている人も要注意です。

 

症状出にくい肺腺がん いときんさん脳に転移

肺腺がんは初期では症状が出にくいのが特徴。

よってこまめにCT検査を受けていない限り、かなり進行してから判明したということになりかねません。

いときん 肺腺がん

31日午前、がん性心膜炎で死去。

いときんさんも2017年に公表した時点でステージ4で、がんが脳に転移していました。

横浜市の福田医院の福田伴男院長は「肺は血液が循環するので全身にがんが広がりやすい。手術も難しく、放射線治療なども“とりあえず”という程度」と指摘した。

引用元:いときんさん闘病の肺腺がん 症状出にくく 5年生存率4・8%

肺腺がんにおいて、化学療法や放射線治療は決して確実な治療法ではありません。

結果的に外科手術で対処するケースが多いです。

 

いときんさんの刺青がすごい!?

ET-KINGいときんさんといえば刺青がすごいことで有名。

両腕にガッツリ入っています!

いときん 肺腺がん

刺青のインクの成分ががんの原因になったのではという噂も流れている。

胸のあたりにも入っていますよね。タンクトップ姿を見るとチラッと部分的に見えます。

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ