センター試験のムーミン問題、公式と大使館巻き込む!ビッケにも注目

スポンサードリンク

センター試験のムーミン問題 大ごとになっていた

2018年のセンター試験で、あのムーミンに関連する問題が出されたのはもうご存知ですよね。

ムーミンが登場したのは地理Bの問題。

ムーミン センター試験

センター試験運営側は「出題に問題はない」と主張。

ムーミンが登場したのは北欧の3カ国に関する問題。ノルウェーとフィンランドが舞台のアニメとして「ムーミン」と「小さなバイキングビッケ」を挙げ、両国の言語で書かれたカードとの正しい組み合わせを答えさせた。センターはムーミンとフィンランド語の組み合わせを正解とした。

引用元:<センター試験>ムーミン論争過熱 フィンランドの根拠は…

ムーミン センター試験

原作者トーベ・ヤンソン氏はスウェーデン語系フィンランド人。

この問題に関して「ムーミンがフィンランド人作家のお話だと知らなければ正解を出せない」などネットで批判が殺到。

ついにはムーミン公式サイトもコメントを出す事態になってしまいました。

 

センター試験物議かもしたムーミンの舞台 公式がコメント

公式まで巻き込んでしまったムーミン問題。

ムーミン センター試験

原作の挿し絵には「フィンランド湾」という表記が含まれているものもあるが…

ムーミン公式サイトでは、原作者トーベ・ヤンソン氏のこの言葉が引用されています。

「ムーミン谷に住んでみたい。そう思った瞬間、あなたはもうムーミン谷の住人なのです」。

これは、ムーミン谷がファンタジーの中の世界に存在していることを示しています。

よって、フィンランドをはじめとする実在の国のどこかにムーミン谷があるわけではないというのが公式の見解です。

ムーミン センター試験

昭和版ムーミンはヤンソン氏本人が苦言を呈しており、のちに製作された平成版が公式アニメとなっている。

ただ事態をややこしくしているのが、問題文とともに掲載されたムーミンの画像が昭和40年代に日本で放送された旧アニメ版であること。

このアニメ版の舞台がフィンランドかどうかについては公式もお手上げなのです。

 

ムーミン問題 フィンランド大使館「ムーミン=フィンランドはみんなが認識」

続いてフィンランド大使館のスタッフのコメントです。

フィンランド大使館・秋山悦子さん:「(Q.ムーミンの舞台はどこ?)ムーミンの舞台というと、ムーミン谷ですね」「(Q.ムーミン谷はどこにある?)フィクションの世界ですので、どこにあるのかということも含めて物語の世界を味わってください」

 ただし…。

 フィンランド大使館・秋山悦子さん:「大使館の名刺にムーミンのキャラクターが載ってるんですね。ムーミンはフィンランドのものだという認識は皆、共通して持っています」

引用元:異論噴出!センター試験で「ムーミンの舞台」

ムーミン センター試験

フィンランド大使館では、ムーミンを通じてフィンランドのことを知ってもらうための「ムーミン外交」も行われている。

これはセンター試験での「ムーミンの舞台はフィンランド」という答えは問題ない、という考えだということでしょうか?

 

センター試験ムーミン問題に登場したビッケに注目集まる

ムーミンとともに注目を集めているのが、問題の選択肢に登場した「小さなバイキング ビッケ」

ムーミン センター試験

度重なる困難をビッケの勇気と知恵で乗り越えていく。

これはスウェーデン人作家ルーネル・ヨンソン氏原作の児童文学シリーズです。

ムーミンと同じくアニメ化されたこともあり、1974~1975年に放送されました。

 

ちなみにビッケは、ワンピース原作者の尾田栄一郎さんが海賊好きになるきっかけとなった作品でもあるのです!

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ