「ガキ使」浜田雅功の黒塗り、世界規模の問題に…具体的な問題点は?

スポンサードリンク

浜田雅功さん「ガキ使」の黒塗りメイク 海外でも報じられる

ダウンタウン浜田雅功さんの「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!!大晦日年越しスペシャル!」での黒塗りメイクがとうとう海外でも問題になりました。

ガキ使 黒塗り

浜田さんの黒塗りが国内外で「黒人差別」と話題に。

2017年のテーマは「アメリカンポリス」で、浜田が肌を黒くメイクして登場。テロップではエディ・マーフィ主演の映画「ビバリーヒルズ・コップ」の説明が流れた。

引用元:「ガキ使」浜田雅功の黒塗りメイク BBCやNYタイムズはどう報じた?

BBCやNYタイムズでは「コメディアンの黒塗りメイクに非難が殺到している」と客観的に事実を伝える一方で、黒塗りメイクが人種差別的な演出であること、「ブラックフェイス」(黒人を揶揄する黒塗りメイク)に対する日本人の無知さを非難しました。

 

「ガキ使」浜田雅功さんの黒塗りメイク 具体的な問題点とは

国内にとどまらず海外でも注目を浴びた「ガキ使」スペシャルでの黒塗りメイク。

こんなにも大きな騒動になったのは、黒人を笑いの道具にしているのが問題視されたからではないでしょうか。

ガキ使 黒塗り

映画「ジャズ・シンガー」に出演したアル・ジョルソン氏の「ブラックフェイス」。

まず前述の「ブラックフェイス」ですが、これはかつて黒人差別があった時代にアメリカの演劇界で定番だった黒人風メイクです。

演者は顔を真っ黒に塗る、唇を厚く見せるなどして面白おかしく黒人を演じていたのです。

ブラックフェイスは1960年代、アフリカ系の人々による大衆運動によってなくなっていきました。

ガキ使 黒塗り

浜田さんの仕事減少が危惧される。

一方、単一民族国家の日本では黒人差別の歴史はないため「ブラックフェイス」への認識も薄いです。

その無知さから今回の浜田雅功さんの黒塗りメイクが生まれてしまいました。

黒人風メイクを、しかも笑いの要素として取り入れることは、海外からしたらご法度中のご法度なのです。

 

浜田雅功さんが真似たエディ・マーフィーさん 過去に白人風メイクしていた?

「ガキ使」での浜田雅功さんは、黒塗りメイクでエディ・マーフィーさんになりきろうとしていました。

あまり似ていませんが…

ガキ使 黒塗り

浜田さんの過激なモノマネにエディ・マーフィーさんはどう語る?

今回の黒塗り騒動でマーフィーさん本人の反応が気になるところですが、なんとマーフィさん自身、過去白人になりきるメイクをしていたことがわかりました!

それは1984年に放送されたアメリカのコメディ番組「サタデー・ナイト・ライブ」でのこと。

ガキ使 黒塗り

番組のコント内で白人男性に変装したエディ・マーフィーさん。

コント内で白人に扮したマーフィさんですが、これには「人種関係の不平等について調べるため」という番組内での目的がありました。

ギャグはギャグなんですが、浜田さんの完全なる笑いを目的とした黒塗りメイクとは事情がまったく違いますね。

 

黒塗りメイクでは終わらず ベッキーさんタイキック「ガキ使」に批判

「ガキ使」では浜田雅功さんの黒塗りメイク以外にも、タレントのベッキーさんにタイキックを受けさせたことで非難を浴びています。

12月31日の放送で、ベッキーさんはココリコの田中直樹さん(46)に「タイキック」を仕向けるという役どころで登場。ところがその後、ベッキーさんへの「逆ドッキリ」が発表され、2016年の不倫騒動の「禊」として自らも女性ムエタイ選手からキックをお見舞いされることに。

引用元:ベッキー本人は「ありがたい」と言うが… ガキ使「禊タイキック」に賛否

ガキ使 黒塗り

悲鳴を上げ怖がるベッキーさんに容赦なくタイキック。

女性タレントがタイキックを受けるという異例の事態に、視聴者からは批判の声が殺到。

「モヤモヤする」「公共の電波で暴力・いじめを堂々と放送している」といった声が相次いでいます。

ゲス不倫の「禊」とはいえ、ちょっとこれはやり過ぎですよね。

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ