コナン作者・青山剛昌はすい臓がん?「あの方」の正体とは…

スポンサードリンク

名探偵コナン休載 青山剛昌さんにすい臓がん疑惑

青山剛昌さんの人気漫画「名探偵コナン」が、長期休載に入ることがわかりました。

休載について青山さんは、「週刊少年サンデー」のなかで、

「次号から病気療養と充電の為に長期休載に入ります」

と述べた。17年は映画「名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)」や1000話記念の企画など、様々な取り組みがあったことから「ちと頑張りすぎました(笑)」とした。

引用元:コナン不在、RINNE終了… 「サンデー」の行方、心配する声も

青山剛昌 休載

「名探偵コナン」長期休載を発表した青山剛昌さん。

青山さんの体調について詳細は明かされていません。

しかし、一部のファンの間ではすい臓がん説が浮上しています。

 

コナン作者・青山剛昌さんは本当にすい臓がんだった!?2015年手術も

青山剛昌さんは2015年にも「名探偵コナン」を休載したことが何度かあり、当時少年サンデー側は「すい臓の病気」と説明していました。

しかも具体的な病名は「プライベートなこと」とし、明かさない意向を示したのです。

手術が必要だった点、そして病名が伏せられている点からすると、すい臓がん説は濃厚ですね。

青山剛昌 休載

「ポケ森」プレイに意欲的な様子も。

そして今回「名探偵コナン」は長期的な休載に入りました。

それだけ病状が悪いということです。

がんは患者が高齢でもない限り進行が早いので、ファンの皆さんはかなり心配でしょうね。

 

青山剛昌さんコナン休載理由はヘルニア?

すい臓がん以外に椎間板ヘルニアという噂もある青山剛昌さん。

青山さんは以前、腰がかなり悪いということを明かしていました。

このことから椎間板ヘルニアについても心配されています。

もしかすると「名探偵コナン」をお休みするのはヘルニアだからかもしれません。

青山剛昌 休載

椎間板ヘルニアは座りっぱなしや立ちっぱなしで過ごす人に多い。

職業柄1日の大半を座って過ごす以上、ヘルニアのリスクはかなり大きいです。

「HUNTER×HUNTER」の冨樫義博さんもちょくちょく休載しますが、同じくヘルニアの噂がありますね。

 

コナン休載前に青山剛昌さんが明かした「あの方」の正体

「名探偵コナン」休載直前に、なんと「あの方」…つまり黒の組織の親玉について触れられました。

その人物は烏丸蓮耶(からすま れんや)

青山剛昌 休載

半世紀前に謎の死を遂げた大富豪。

青山剛昌 休載

黒幕は阿笠博士じゃなかった!?

単行本30巻でシルエットのみ登場しており、すでに故人という設定です。

烏丸は生きていれば140歳をお超えていますが、「APTX4869」を飲んで若返っていれば現在まだ生きている可能性もあります。

そこで注目を集めているのがコナンの友人、光彦。

彼は以前から疑惑の目で見られており、黒幕が烏丸と判明した今「烏丸=光彦説」が浮上しています。

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ