るろうに剣心作者・和月伸宏の事件の影響列挙!ジャンプ作家の不祥事

スポンサードリンク

和月伸宏さん書類送検 「るろうに剣心」作者

人気漫画「るろうに剣心」の作者である和月(わつき)伸宏さんが、児童ポルノの所持で書類送検されました。

るろうに剣心 和月伸宏

名作漫画の原作者の不祥事に衝撃広がる。

読売新聞などの報道によると、和月さんは10月、都内の事務所で、10代前半の女児の裸が映った動画のDVDを所持した疑いがあるという。

引用元:「るろうに剣心」作者、児童ポルノ所持容疑で書類送検…「単純所持」アウトの基準は?

和月さんは「小学校高学年から中学生の女の子が好きだった」と容疑を認めています。

 

和月伸宏さん書類送検で「るろうに剣心」に影響

幅広い世代に知られる「るろうに剣心」。

その作者が事件を起こしたことでファンに衝撃が走りました。

るろうに剣心 和月伸宏

妻で小説家の黒崎薫さんの協力を経て連載していた北海道編。

 

今回の事件・書類送検により、和月伸宏さんの作品「るろうに剣心」にはこのような影響が出ています。

●連載中だった続編が休載

ジャンプスクエアで現在「るろうに剣心―明治剣客浪漫譚・北海道編―」が連載されています。

しかし事件の影響でしばらくの間休載されることに。

 

●「チャンネルNECO」が実写映画を放送中止に

「るろうに剣心」の実写映画「るろうに剣心」「るろうに剣心 京都大火編」「るろうに剣心 伝説の最期編」の3部作が「チャンネルNECO」によって放送される予定でした。

しかしいずれも放送取りやめとなり、「世界を魅了するニッポンの凄腕漁師」「ルパン三世vs名探偵コナンTHE MOVIE」などの他作品に差し替えられることとなりました。

 

宝塚版「るろうに剣心」も再演不可!?

連載休止、放送中止など「るろうに剣心」には様々な影響が出てしまっています。

そんな中、2016年に公演された宝塚の舞台「浪漫活劇『るろうに剣心』」も再公演できなくなる可能性が出てきました。

本作は、『るろ剣』初のミュージカル作品で、脚本・演出に大ベテランの小池修一郎、主演は早霧せいな、咲妃みゆという雪組のトップスターらで制作され、独自のファン層を獲得し、それだけに、常に再演希望の声が絶えなかったという。

引用元:『るろうに剣心』作者逮捕で宝塚歌劇版『るろ剣』はどうなる?

るろうに剣心 和月伸宏

早霧せいなさん、咲妃みゆさんら雪組のトップスターによる舞台。

宝塚は若い人だけでなく年配の方もファンが多い劇団。

そんな劇団の舞台にまで影響を及ぼした和月伸宏さん、もう立場がないですね。

 

和月伸宏さんの騒動 他のジャンプ作家不祥事蒸し返される

児童買春・児童ポルノ禁止法違反で書類送検されてしまった和月伸宏さん。

似たような案件だと「世紀末リーダー伝たけし!」で知られる島袋光年さんの不祥事がありましたね。

2002年、当時高校生であった少女らを買春したとして児童買春禁止法違反で2度逮捕されました。

るろうに剣心 和月伸宏

連載打ち切りを経て復活を果たした「世紀末リーダー伝たけし!」。

また2006年には、「DEATH NOTE」作者として知られる小畑健さんが路上でアーミーナイフを隠し持っていたとして、銃刀法違反で現行犯逮捕されています。

 

最近ですと「ドラゴンボール」の鳥山明さんが、パラダイス文書に名前を記載されていたとしてちょっとした騒ぎになっています。

ジャンプ作家はどうしてこんなにもネガティブな面で注目を集めてしまうのでしょう?

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ