「パラダイス文書」をわかりやすく説明!鳥山明ら著名人の名も

スポンサードリンク

話題の「パラダイス文書」って何?

今ニュースで報じられている「パラダイス文書」。

2016年に漏えいした「パナマ文書」と似たようなもので、タックス・ヘイブン(税金を軽減・免除される国・地域)取引に関する電子文書の集まりです。

パラダイス文書 鳥山明

タックス・ヘイブンに設立された法人約2万5000社のうち、日本に関係する企業は役1000社。

約1340万件にもおよぶ文書が詰まっています。

かつて話題となったパナマ文書よりデータ量自体は少ないものの、情報量はパナマ文書を上回っています。

 

パラダイス文書とパナマ文書の違いは?

まず2016年取りざたされたパナマ文書は、パナマの法律事務所モサック・フォンセカから漏えいしたものです。

それに対してパラダイス文書は、イギリス領バミューダ諸島に拠点を置く法律事務所アップルビーなど複数の期間から漏えいしました。

朝日新聞デジタルによると、パラダイス文書の内訳は、バミューダ諸島などにある大手法律事務所アップルビーの内部文書683万件と、シンガポールの法人設立サービス会社「アジアシティ」の内部文書56万6000件、マルタなど19の国・地域の登記文書604万件だ。

引用元:パラダイス文書って何? 鳥山明さん、鳩山由紀夫・元首相の名前も

パラダイス文書は1つの機関からではなく、複数の機関から漏れ出した電子文書を指します。

そのことから、パラダイス文書という大きな枠の中にパナマ文書が位置していると解釈できますね。

パラダイス文書 鳥山明

南ドイツ新聞の入居しているビル。

パナマ文書もパラダイス文書も、漏えい先は奇しくも同じ「南ドイツ新聞」でした。

いずれの文書もICIJ(国際調査報道ジャーナリスト連合)と共有されています。

 

鳥山 明さんも?パラダイス文書に記載された日本人名

さて気になるのが、パラダイス文書に記載されている日本人。

「ドラゴンボール」で知られる漫画家の鳥山明さんの名前がこのパラダイス文書に記載されているのです。

 パラダイス文書には、「ドラゴンボール」「ドクタースランプ」などで知られる漫画家の鳥山明氏ら日本人12人が米国の事業体に出資したことを示す資料もあった。この事業体が行った不動産リース事業をめぐっては、後に国税当局が税逃れと判断して出資者を追徴課税したことが2005年に報じられている。

引用元:漫画家の鳥山明氏ら、不動産事業に出資 パラダイス文書

他には鳩山由紀夫元首相の名前も記載されています。

パラダイス文書 鳥山明

文書に名前が記載されたマドンナさんとボノさん。

海外の有名人ですと歌手のマドンナさん、ロックバンドU2のボーカル、ボノさんが挙げられます。

 

パラダイス文書記載の鳥山 明さんの年収は?

「ドラゴンボール」や「Dr.スランプ」で知られる鳥山明さん。

有名漫画家とあって、年収はかなりの額なのは確かです。

パラダイス文書 鳥山明

アニメ「ドラゴンボール超」が2015年から放送されている。

単行本の印税がどんどん入りますから、年収はなんと10億円にものぼるとされています。

これだけ稼いでいれば税金を引かれても生涯好きなことをして暮らせると思いますが、税金自体が高額になるんですよね。

それを払う惜しさに不動産事業に出資し、結果的に税逃れを試みたのでしょうか?

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ