韓国人また火病|チョ・ヒョナ大韓航空副社長|火病って何?

スポンサードリンク

韓国人また火病|チョ・ヒョナ大韓航空副社長|火病って何?

大韓航空の副社長であり、社長令嬢であるチョ・ヒョナ(40歳)が、韓国人代表として見事な火病をファーストクラスで披露したそうです。

daikan

ニュース記事はこちらをご覧ください。

韓国を代表する航空会社「大韓航空」の趙顕娥(チョ・ヒョナ)副社長(40)が、米ニューヨークのジョン・F・ケネディ国際空港で、客室乗務員のサービスを問題視して激高した上、責任者を飛行機から降ろし、出発を遅延させていたことが8日、分かった。

乗務員が「マニュアル通りにやった」と答えると、趙副社長は、すぐにマニュアルを見せるように要求。乗務員事務長がマニュアルを見せようとタブレット型端末を持ってきたが、副社長のあまりの剣幕にビックリしたのか、端末のロックを解除するのに手間取り、関連規定をすぐに探し出せなかったため、趙副社長はさらに激怒。今度は、乗務員の代わりに事務長に飛行機からおりろと大声を張り上げたという。趙副社長の怒鳴り声は、エコノミー席にまで聞こえるほどすさまじかったという。

引用元:大韓航空女性副社長が乗務員に激怒! 滑走路から搭乗ゲートに機体引き返させる 

 

しかも、大韓航空側もこれを承諾、事務長を下ろす事態にまで発展したんだとか。

まったく、一人のわがままのために何人を迷惑をかけたんでしょうか。

大韓航空火病令嬢

令嬢のため常識が欠如していたんでしょうか??

このため、同機は離陸のためすでに滑走路に移動していたが、いったん搭乗口に引き返し、事務長を降ろしてから出発した。滑走路からゲートに戻ったため出発が遅れたが、250人の乗客には理由が説明されなかったという。

引用元:大韓航空女性副社長が乗務員に激怒! 滑走路から搭乗ゲートに機体引き返させる 

しかし、エコノミークラスにも響き渡るほどの怒号って、半端じゃなかったんですね。

これは韓国人特有の火病と呼ばれるものでしょう。

スポンサードリンク

 

いきなりキレる、韓国人特有の病気、「火病」って何?

さて、火病(ファビョウ、と読みます)に関してなのですが、韓国人がいきなりキレてしまう病気だそうです。

また、キレるだけでなく、顔を真っ赤にして大声で泣き叫び出すとかいうこともあるらしく、以下のような状態になるそうです。

韓国人が火病の発作を出している動画集があったのでご覧ください。


これは恐ろしいですね、気性が荒すぎます。

この記事を読んで「でたらめだ」と思う方がいると思いますが、実は反韓の日本人がでっち上げたとかではなく、第三者の科学的機関に認められた病気なんです。

アメリカ精神医学会は、火病を「朝鮮民族特有の文化依存症候群の一つ」として扱い、『精神障害の診断と統計マニュアルⅣ』の付録である、文化に結びついた症候群に記載が見られる

引用元:Wikipedia「火病」

大韓航空火病令嬢

泣き叫ぶ韓国人。確かにこういうシーンよく見る気がする。

ね、精神医学・心理学では最先端をいくアメリカの精神医学会が認めてしまっています。

さらに面白かった記述がこれです。

韓国の会社員の35.2%が、好ましくない上司と後輩を見た時に、火病になるとされている。

引用元:Wikipedia「火病」

 

35%もですか??さらに、好ましくない上司と出会っただけですか?となりますよね(笑)

大韓航空火病令嬢

ということはこの人も韓国人?

症状としては、陽性であれば、

 

  • 発狂する
  • 奇声を発する
  • 自傷行為・自殺
  • 口から泡を吹く
  • 生存本能が込み上げる
  • 悔しさ・憤怒の感情が込み上げる

引用元:Wikipedia「火病」
 

 

いやいや怖すぎるでしょう。

「生存本能がこみ上げる」というのは、どういうことなんでしょうか?

韓国ではレイプ事件が多発しているらしく、生存本能がこみ上げて生殖の欲望が出てくるのではないか、とも解釈できますよね。

性に対しての尋常ではないほどの執着性と粘着気質と残忍性が各国から指摘されている! そして高い再犯の確率 25分に1回のペースで性犯罪が起きている現実・・

引用元:日本人女性が、韓国人にレイプされる被害が止まらない・・・・危険すぎる性意識

とにかく韓国人っていろいろあるんですね。

大韓航空火病令嬢

日本人のレイプ被害が後を絶たない韓国旅行の差異は十分にご注意を!

みなさんも韓国に行ったときは火病、レイプの被害に巻き込まれないように十分に、注意することをお勧めします。

 

今日はこの辺で失礼します。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ